編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本オラクル、プロセス連携機能を強化したPLMアプリケーションの最新版を発売

CNET Japan Staff

2008-06-19 18:43

 日本オラクルは6月19日、同社のPLM(Product Lifecycle Management)アプリケーションの最新版となる「Agile PLM 9.2.2.4」の提供を開始した。

 「Agile PLM」は、開発プロセス管理、関連部門のコラボレーション、統合BOM(部品表)管理を行うアプリケーション。含有化学物質情報の収集と管理、RoHS規制対応や有化学物質管理を支援する「Agile Product Governance and Compliance」、製品の品ぞろえ、開発プロジェクト、職務やスケジュール、資源や成果物の管理を支援する「Agile Product Portfolio Management」、主要なCADアプリケーションとのデータ連携を支援する「Agile Engineering Collaboration」などから構成される。最新版では、「Oracle Applications」との連携が強化されたほか、BIアプリケーションとの連携による設計情報の可視化機能が搭載されている。

 業務アプリケーションとの連携については、Agile PLMと「Oracle E-Business Suite」および「JD Edwards EnterpriseOne」とのSOAによるプロセス統合が可能になった。Agile PLMの製品開発プロセスと各アプリケーションの生産管理プロセスにおける連携を容易にするパッケージ「プロセス統合パック」を順次提供する。プロセス統合パックは、オラクルのアプリケーション統合アーキテクチャを構成する要素のひとつで、業務に必要となる業務項目名とその定義、属性、関係、制約条件、拡張項目やその動作(作成、検索、更新、削除、同期)などが事前に定義されたもので、SOAによるアプリケーション連携をより容易にするという。

 設計情報の可視化については、データ転送機能「Oracle Data Integrator」とレポーティング機能「Oracle Business Intelligence」との組み合わせで、Agile PLMの製品開発プロセス情報を即時にダッシュボード化することが可能になった。

 Agile PLM 9.2.2.4の対応プラットフォームは、クライアント側がWindows Vista(32/64ビット)およびWindows XP(32/64ビット)、サーバ側がWindows Server 2003 R2(64ビット)。参考価格は、「Agile Engineering Collaboration」の場合、1836万円(20ユーザー)より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]