日本オラクル、プロセス連携機能を強化したPLMアプリケーションの最新版を発売

CNET Japan Staff

2008-06-19 18:43

 日本オラクルは6月19日、同社のPLM(Product Lifecycle Management)アプリケーションの最新版となる「Agile PLM 9.2.2.4」の提供を開始した。

 「Agile PLM」は、開発プロセス管理、関連部門のコラボレーション、統合BOM(部品表)管理を行うアプリケーション。含有化学物質情報の収集と管理、RoHS規制対応や有化学物質管理を支援する「Agile Product Governance and Compliance」、製品の品ぞろえ、開発プロジェクト、職務やスケジュール、資源や成果物の管理を支援する「Agile Product Portfolio Management」、主要なCADアプリケーションとのデータ連携を支援する「Agile Engineering Collaboration」などから構成される。最新版では、「Oracle Applications」との連携が強化されたほか、BIアプリケーションとの連携による設計情報の可視化機能が搭載されている。

 業務アプリケーションとの連携については、Agile PLMと「Oracle E-Business Suite」および「JD Edwards EnterpriseOne」とのSOAによるプロセス統合が可能になった。Agile PLMの製品開発プロセスと各アプリケーションの生産管理プロセスにおける連携を容易にするパッケージ「プロセス統合パック」を順次提供する。プロセス統合パックは、オラクルのアプリケーション統合アーキテクチャを構成する要素のひとつで、業務に必要となる業務項目名とその定義、属性、関係、制約条件、拡張項目やその動作(作成、検索、更新、削除、同期)などが事前に定義されたもので、SOAによるアプリケーション連携をより容易にするという。

 設計情報の可視化については、データ転送機能「Oracle Data Integrator」とレポーティング機能「Oracle Business Intelligence」との組み合わせで、Agile PLMの製品開発プロセス情報を即時にダッシュボード化することが可能になった。

 Agile PLM 9.2.2.4の対応プラットフォームは、クライアント側がWindows Vista(32/64ビット)およびWindows XP(32/64ビット)、サーバ側がWindows Server 2003 R2(64ビット)。参考価格は、「Agile Engineering Collaboration」の場合、1836万円(20ユーザー)より。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]