セールスフォース、CRMアプリとGoogle Appsの連携を拡大する新ツールキットを提供

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子

2008-06-24 09:51

 salesforce.comは、開発者がGoogleのサービスを活用できる新しいツールキットで、Googleとの提携をさらに進める。

 salesforce.comとGoogleの両社が、salesforce.comの顧客関係管理(CRM)アプリケーションを、統合された「Google Apps」につなげる最初の契約に署名をしたのは、2008年4月のことだった。

 salesforce.comは米国時間6月23日、「Force.com Toolkit for Google Data APIs」をローンチしたと語った。これでForce.comの開発プラットフォームを使う開発者が、Google Appsのデータに接続できるようになるという。

 Force.comはホスティング型ウェブアプリの構築に向けた、salesforce.comのクラウドコンピューティングサービスだ。

 両社は今回のツールキットで、salesforce.com内の顧客データをスプレッドシートなどGoogle Appsにある機能と結びつけることが可能になり、これを利用した事業予測システムや見積もり生成システムといった新しいアプリケーションへの道が開かれると見込んでいる。

 salesforce.comによると、ツールキットは同社のForce.comのサイトに掲載され、無料でダウンロードできるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]