IBM、高速処理が可能なインメモリデータベース「IBM solidDB V.6.1」を出荷開始

CNET Japan Staff

2008-06-24 18:04

 日本IBMは6月24日、メインメモリにデータを格納し、高速なデータベース処理を実現するインメモリデータベース管理ソフトウェア製品「IBM solidDB V.6.1」の出荷を開始した。

 IBM solidDB V.6.1は、IBMが2007年に買収したSolid Information Technologyとの統合による初の製品。メインメモリにデータを格納することで、HDDにデータを格納する製品に比べ、処理速度を約10倍程度向上できる。通信業界、金融サービス、電子商取引やSaaS等の高速な処理を安全に行うことが必要とされる分野に適しているという。また、バックアップ用のサーバでデータベースを二重化することにより、障害が発生した場合には、約1秒でバックアップデータに切り替えることが可能という。

 日本IBMでは、同時に、IBMのデータベース管理ソフトウェア「DB2」や「Informix Dynamic Server(IDS)」のキャッシュとしてメモリを活用する「IBM solidDB Cache for DB2」および「IBM solidDB Cache for IDS」も同時に出荷する。これにより、インメモリデータベースだけでは不可能な、大量データの高速処理が可能になるという。

 価格は、IBM solidDB V.6.1が341万1450円より。IBM solidDB Cache for IDSとIBM solidDB Cache for DB2が367万5000円より。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]