編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Mac OS Xに新しいトロイの木馬

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-06-26 08:05

 「Kdawson」氏が投稿したSlashdotの記事によれば、「I Don't Believe in Imaginary Property」氏が次のように書いている。

 F-Secureが2つの新しいMac OS Xのトロイの木馬の存在を報告している。第1のものは、MacShadowsの人たちが作成した、ARDAgentの未パッチの脆弱性を利用し、ユーザーが実行するとrootアクセスを得る、単なる脆弱性実証コードだ。第2のものはソーシャルエンジニアリングに依存している。これは、ユーザーのパスワードを要求するポーカーゲームで、「破損したpreferenceファイルを発見しました」というメッセージを出してパスワードの入力を求め、その後そのコンピュータを乗っ取る。脆弱性実証コードのソースが公に入手可能になったため、将来出てくるトロイの木馬は、丁寧にパスワードを尋ねるだけでは済まないものになるだろうと予想される。

 第1のものについては、このブログでも触れた。第2のものはソーシャルエンジニアリングに依存するものであり、興味深い攻撃だ。Macが特権の昇格の際にパスワードを要求するやり方からして、ユーザーはこの攻撃にはかなり簡単に引っかかるだろう。私は、特権昇格の際にパスワードを要求することを止めるべきだと主張しているわけではないが、修正を施してもいいかもしれない。例えば、特権昇格の際に入力するパスワードには、画面に表示された無作為の値を付け加えて入力するというのはどうだろうか。これはCAPTCHAの考え方に似たものだ。

 これはやりすぎかも知れないし、そうではないかもしれない。まずハッカーにとってこの種の攻撃がどのくらい有効かを見定める必要があるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]