MS Entity Frameworkのテスターが「不信任票」投じる

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年06月26日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「ADO.Net Entity Framework」の初バージョンを試している多くのテスターが、Microsoftがこの技術で採った方向性について不満を感じている――あまりに不満なため、彼らはその不満を公にするべく「不信任投票」の請願をはじめた。

 米国時間6月24日現在で、150人以上のテスターがこの請願に署名した。このなかにはMicrosoftの「Most Valuable Professionals(MVPs)」も何人か含まれている。

 このADO.Net Entity Frameworkは当初、「Visual Studio 2008」の一部となるはずであった技術の1レイヤーである。Microsoftは結局、Entity Frameworkを同ツールスイートから除外し、それを「.Net Framework 3.5」の最初のサービスパックの一部とすることを約束した。

 (MicrosoftはADO.Net Entity Frameworkを次のように定義している:このフレームワークは「開発者がそのリレーショナルデータの上により高いレベルのEntity Data Modelを定義し、次にこのモデルの観点からプログラムすることを可能とする。インヘリタンス、複合型、リレーションシップ(M:Mサポートを含む)といった概念はそれをモデルとして使うことができる。VS 2008 SP1には今ではこのモデリングを助けるためのビルトインデザイナーのサポートが含まれる。」)

 テスターの苦情にもかかわらずMicrosoftはこの問題の「Entity Framework Version 1」を断念するつもりはない。そのかわりに同社はいくつかの機能を調整し、プロセスに変更を加えると約束している――本フレームワークの「Version 2」の開発をもっと透明で機動的にするねらいである。Entity FrameworkのVersion 2はVisual Studioの次期バージョン(これがが登場したときに)に取り込まれると予想されている。

 Entity Frameworkのプログラムマネージャーを務めるTimothy Mallalieu氏は、あるブログ記事のなかで、不信任投票について認識し、Microsoftの次なる行動計画を概説した。

 「不運な現実として、これらが、われわれは深く気にかけているが、V1.0では全面的にはサポートできないシナリオであるということだ。ここでもっと詳細に話すことができよう。注意すべき点は、これらの機能に対する選択肢はかなり吟味されたが、さらに多くの機能を加えようとするか、あるいは最初の目標を守り、もっと広範なデータプラットフォームサービスを構築するためのマルチプルリリース戦略の中核的基盤を築こうとするかということで葛藤があった。本日は同時に、本製品の次期バージョンへの取り組みを開始する日であり、われわれは、この特定の開発者コミュニティに真剣に対応するために決意を固くする一方で、全体的なデータプラットフォームに対する投資を進めていくつもりだ。」

 Oakleaf Systems Blogで有名なRoger Jennings氏は、同氏がEntity Framework version 1の主な弱点だと考えているポイントを筆者のために概説してくれた:

1.ドメイン主導型のデザイン(オブジェクト優先)は企業アプリケーションのための今日のホットなデザインパターンであり、オブジェクトを持続する(保管する)ことが唯一の仕事であるリレーショナルデータベースのスキーマからではなく、ビジネスオブジェクトやリレーションシップの最適デザインから始めることを要するものである。Microsoftは常にデータ中心(データ優先)の「forms-over-data」アプローチを疑似ビジネスオブジェクトに対してとっていた。データ優先アプローチはビジネスオブジェクトデザインが次善のものとなる可能性がある。

2.「Persistence Ignorance」には「Plain Old CLR Object(POCO)」が必要とされる。なぜならこれは今日の階層化されたソフトウェアデザインでは必需品のようになっている「Separation of Concerns」を可能とするためだ。(Persistence IgnoranceはEntity FrameworkではVersion 2まで含まれることはないとJennings氏は指摘した。)

3.「Test-driven design(TDD)」。MicrosoftはTDDと「Agile Programming」の場に出遅れており、今それに追い上げをかけているところだ。しかしEntity Frameworkチームのだれも、デザイン段階におけるテスタビリティについて心配していない。問題はデータベースに接続されたビジネスオブジェクトのユニットテストのパフォーマンスが酷いものだということである。

 匿名を希望するもうひとりのEntity Frameworkテスターは、この不信任投票がMicrosoftの針路に対する.Net開発者全員の不満であると解釈されるべきではないと指摘した。

 「この最近の行動をうけて起きたことで最も良かったのは、Entity Frameworkチームが即座にこれに反応したことだ」と同テスターは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化