編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、企業向けライセンスオプションを拡充

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-07-01 15:25

 Microsoftは米国時間6月30日、企業向けの新しいライセンスのオプションとして「Select Plus」を追加することを発表した。同オプションは主として、中規模企業を対象にしている。

 Select Plusは、特定の期間にしばられないこと、企業の子会社同士が集まって購買力を発揮できるという2つの魅力を持つ。

 Select Plusは、ライセンスオプションの数を減らそうとするMicrosoftのトレンドに逆行する。Microsoftは、2006年には107プログラムあったライセンスの種類を2007年に23に絞り込んでいる。今回のSelect Plusにより、Microsoftのライセンスプログラム数は26に増える。

 新しいオプションを加えることになったが、MicrosoftのバイスプレジデントJoe Matz氏はこれについて、Select Plusはニーズを満たすものだと説明する。

 「Selectには顧客が望むほどの柔軟性がなく、結果として多くの企業が複数の契約を結ぶ状態となってしまった」とMatz氏は言う。MicrosoftはSelectを廃止するわけではないが、今後Select Plusを選択する顧客が増えると見ている。

 Microsoftのライセンスプログラムのコストと複雑性について、一部顧客やアナリストはこれまで、非難をあらわにしてきた。

 Forresterは先日発表した報告書で、Microsoftが提供するどのライセンスが自社にとって経済的にフィットするのかについて、何カ月も前から試算するよう、自社顧客に推奨している。Forresterはまた、Microsoftのサポートプログラム「Software Assurance」はライバルが提供する同等サービスよりも割高だとも指摘している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]