MS、企業向けの新ボリュームライセンス「Select Plus」を発表

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年07月02日 09時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは新しいライセンシングプログラム「Select Plus」を発表した。同社関係者は本製品により大規模および中小規模の企業によるソフトウェアとサービスの購入を簡易化することを目指しているという。

 顧客は米国時間7月1日に発表されたMicrosoftの新たなSelect Plusライセンスを10月1日まで購入することはできない。同社幹部によると、来週ヒューストンで毎年のMicrosoftによるWorldwide Partner Conferenceが開催される前に、Microsoftは顧客とパートナーに対し、それを会得する時間を与えるために今週発表したのだという。(7月1日はまたMicrosoftにとっては2009会計年度の初日であり、それもまた発表のタイミングにおそらく関係しているのだろう。)

 Select Plusは最終的にMicrosoftの現在の「Select」ボリュームライセンス契約に置き換わるであろうと、同社関係者は述べている。

 「われわれは顧客がソフトウェアとサービスを購入する方法についてもう少し柔軟に考える必要があった」とMicrosoftのWorldwide Licensing and Pricingグループのディレクターを務めるChris Blackley氏は述べている。Select Plusは「われわれの進化するビジネスの次のステップであり、ライセンシングを簡易化しようとするものである。これは複数年にわたる進化だ。」(Blackley氏)

 Select Plusは製品レベルではライセンシングに対する変更をいっさい加えない――したがって例えばコアやバーチャリゼーション周辺には変更は導入されないことになる。

 しかしこの新しいライセンシングプログラムでの最大の変更は、Select Plusに基づくボリュームライセンシング契約は「evergreen」、つまり失効期限がないことであるとBlackley氏は述べる。この変更にまつわるMicrosoftのマーケティングのスローガンはこうである:「更新は役員会レベルではなくIT予算レベルに抑えよう。」

 新プログラムではまた、顧客がSelectボリュームライセンス保有者から購入したときにはSoftware Assurance(SA)契約を比例配分したレートとすることを認める現行のMicrosoftのポリシーを廃止する。Select Plusの下では、SAの年額ライセンシング契約は顧客が購入した全製品について満3年間継続する。(Software Assuranceは議論を醸したMicrosoftのライセンシングプランであるが、顧客に3年間のライセンスを購入させ、その期間中は製品のアップデート版も入手できるようにするものである。)

 「いつそれを購入しようとも、36カ月間のSA、という特色はよいものだ」とMicrosoft Services for Net(net)Inc.のシニアバイスプレジデントを務めるScott Braden氏は述べている。「顧客と再販業者は現行の1、2、3年の案分計算による料金設定を把握しようと常に頭を悩ませていた。しかしマイナス面は、顧客はその環境下で失効日がそこら中に分散しているという混乱に陥るかもしれない。それもまたひとつの管理上の課題となるであろう。」

 新しいSelect Plus Programで導入されたもうひとつの変更点は予想に関連している。現在のSelect プログラムでは、顧客はソフトウェアとサービスの購入について3年先まで予想することが必要とされる。もし顧客がボリュームを予想し損ねると、それはダウンレベルされて、追加的な支払いを要求される(購入のボリュームが大きくなるほど顧客が支払うサービスあたりのコピー価格が割安になるためである)。しかしSelect Plusでは予想作業は必要とされなくなり、実際の購入がライセンス料の算定に利用されるとBlackley氏はいう。

 新プログラムの下では、顧客とMicrosoftとの複数のボリュームライセンシング契約は管理と経営の観点から統合されることになる。

 「一見したところ、単にライセンスとSAを取得するためのもうひとつの選択肢とモデルを提供するというだけでクライアントにとっては純便益となるようにみえる」とBraden氏はいう。「しかしMicrosoftのライセンシングではいつもながら、悪魔は細部に宿るのである。」

 現在Microsoftの製品をSelect経由で購入している顧客はいるか?この新たな変更についてどう思うか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化