マイクロソフト、Officeの新バンドル「Equipt」を7月中旬より提供

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年07月03日 04時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは新しいOfficeベースのソフトウェアとサービスのバンドル製品を新たに「Equipt」と命名し、提供予定日(7月半ば)を定めたことを、同社関係者が米国時間7月2日に明らかにした。

 Equiptは以前にコード名を「Albany」とされていた製品とサービスである(またMicrosoft内部では「ValueBox」として知られていた)。Microsoftが「消費者のためのソフトウェアとサービス」であると説明するEquiptには、Office「Home and Student 2007」バージョン、MicrosoftのPC管理およびセキュリティのバンドル製品である「Windows Live OneCare」、Windows Liveコミュニケーションおよびコラボレーションサービスのいくつか、そしてMicrosoftのOfficeのオンラインコラボレーションアドオンである「Office Live Workspace」が含まれている。

 Equiptの価格は年間69.99ドルである(ユーザー1人が自宅で3台のPCにインストールすることが認められているライセンス)。本年中いつでも、もしMicrosoftがEquiptのコンポーネントでアップデートを導入すれば、加入者はそれを無料で自動的に有料サブスクリプションの一部として受け取る資格が与えられる。

 Equiptは7月15日近辺からCircuit Cityの小売チェーンでのみ販売されるが、Microsoftは米国内外でEquiptの販売チャンネルをさらに追加することを検討していると、Officeのグループプロダクトマネージャーを務めるBryson Gordon氏は述べた。Gordon氏によるとMicrosoftは今後1年間でほかの小売パートナーや、Equiptバンドルをプリインストールすることに関心があるPCメーカー、またはほかに「Microsoftから直接入手できる」販路を追加することを検討しているという。

 「これを消費者がOfficeを体験できる新たな方法とみている」とGordon氏は述べた。そして消費者をOfficeの生産性フォーカスと現行のライセンシングや配布モデルに導くものとなるという。

 Microsoftが「Office Home and Student」や「Windows Live OneCare」あるいはEquiptがバンドルする他要素の単独バージョンを中止する予定はないことをGordon氏は強調した。同社はまた、ローエンドの「Microsoft Works」スイートも提供し続けるという。またMicrosoftは現在、広告でサポートされたWorksの無償バージョンを特定のPCにプリロードするテストを進めているが、同スイートの有償バージョンも販売し続けるという。

 Microsoftは2008年3月よりAlbanyのテスターの登録を開始した。テスターはEquiptバンドルを4月から体験している。

 以前にも述べたとおり、MicrosoftはEquipt/Albanyを「Google Docs」の対抗製品としては(少なくとも公には)位置づけていない。しかし筆者にとっては、このバンドルは間違いなくGoogle Docsに注目している主要顧客層――つまり学生やホームオフィスのタイプ――を対象にしているようにみえる。Google Docsと違い、EquiptはOfficeスイートのPCベースのバージョンとセキュリティサービスも提供する。しかしGoogle DocsはEquiptと違ってタダである…。

 Equiptは消費者にアピールするか?潜在的Google Docsユーザーを吸い上げることができるだろうか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化