編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

インフォア、企業のグリーン化計画を支援する設備資産管理ソリューションを発売

柴田克己(編集部)

2008-07-03 16:27

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ(インフォア)は7月3日、企業が保有する設備のエネルギー効率やCO2排出量などを可視化する機能を搭載した設備資産管理(EAM:Enterprise Asset Management)ソリューション「Infor EAM Asset Sustainability Edition」の提供を開始した。

 「Infor EAM」は、企業が保有する設備資産の保守業務を統合管理する設備資産管理機能と、その資産の稼動効率や保守コストを分析するレポート機能を統合した製品。新しい「Infor EAM Asset Sustainability Edition」では、従来の設備資産管理の機能に加えて、エネルギー消費追跡、エネルギー効率指標、アラート管理、CO2管理、設備投資計画、冷媒排出管理といった機能を追加しており、多数の設備資産を持つ工場や各種施設において、エネルギー効率向上とグリーン化の視点を加えた保全戦略を実現できるという。

 個々の設備資産のエネルギー効率の経時変化を追跡し、エネルギー効率が設定した許容範囲より悪化した時点で、自動的に設備保全作業指示を発令することが可能。また、KPIやレポートにエネルギー効率やコスト、CO2排出量等を盛り込むことができるという。

 従来、企業における“グリーンIT”への取り組みとしては、エネルギー調達方法の検討やハードウェアでの省電力、省スペース化対策などが中心となっていたが、インフォアでは今後、ソフトウェアによるグリーン化支援、いわゆる“グリーン by IT”の動きが盛んになると見ており、自社製品を通じた企業のグリーン化計画を支援していきたいとしている。

Infor EAM Asset Sustainability Edition 「Infor EAM Asset Sustainability Edition」では、設備資産管理およびレポート機能に加えて、エネルギー効率やCO2排出量、冷媒排出量などを可視化できる機能が加わった。写真は同製品のGAS(Global Asset Sustainability)管理画面。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]