編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Excelで多用する雑多な操作を素早く片付けるための10のティップス(後編) - (page 3)

文:Jeff Davis(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2008-07-08 08:00

#9:行と列、あるいは列と行を入れ替える

 データを入力し直さなくても済むようになるティップスを紹介しよう。行1の3つのセルに列の内容を表す見出しを入力し、列Aの4つのセルに行の内容を表す見出しを入力した後、数値データの入力を行ったと仮定してほしい(図P)。

図P 図P

 データを入力してみたものの、行の内容を表す見出し(月)は列に配置しておく方がよいと思うようになったとしよう。何をするにせよ、データの再入力なんてことを考えてはいけない。

 最善の解決策は、「形式を選択して貼り付け」メニューを選択すると表示されるダイアログボックスの中にある。まず、データ範囲全体を選択し、コピーする。次に、ワークシート内にある、元のデータ範囲とは異なる場所をクリックした後、メニューから[編集]−[形式を選択して貼り付け]を選択し、「行列を入れ替える」チェックボックスをオンにする(図Q)。[OK]をクリックすると、見出しも含めて列と行の内容が入れ替えられる(図R)。

図Q 図Q

図R 図R

補足

 「形式を選択して貼り付け」ダイアログボックスの「行列を入れ替える」オプションは、複数の行と列に格納されたデータを並べ替える場合にしか使えないというわけではない。このオプションは、1行だけの見出しセルを1列だけの見出しセルにする、あるいは逆のことを行う場合にも用いることができるのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]