GMailアドレスに結びつく名前を調べる方法

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年07月17日 11時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これは小さな楽しいトリックだ。これが脆弱性かどうかははっきりしないが、私はGoogleはきっとこの機能を排除しようとするだろうと思う。SecuriTeamのブログは、これによってGMailアカウントに登録したユーザーの氏名をあらわにすることが可能だと報じている。これはもちろん、GMailアカウントに登録した人物が偽の氏名を使っていない場合だけだが、それでもこれは興味深いトリックだ。

 この脆弱性が存在するのは、GMailとGoogleカレンダー、Blogger、Google Codeなどのサービスが強く結びついているためであり、Google Appsが人々とデータを共有できるようにしようという強い志向を持っているためだ。この強い結びつきが興味深い結果を生んだのはこれが初めてでも、二度目でもなく、おそらく最後でもないだろう。私が書いた、Billy RiosによるGoogle Codeの悪用BillyによるGoogle Spreadsheetに対するコンテンツの所有権の獲得Billyと私のGoogle Docsの文書の盗みなどに関する記事、私のBlack Hatでの講演などを参照してほしい。

 これを行う手順は次の通りだ。

  1. Googleカレンダーに登録する。
  2. 「このカレンダーを共有」を行う
  3. 「ユーザー」の入力ボックスに電子メールアドレスを入力する。
  4. 「ユーザーを追加」をクリックし「保存」。
  5. この画面に戻ってくると、入力したGMailアドレスと一緒に氏名が表示される。

 SecuriTeamのブログ記事で、この手順を説明している

 スクリーンショット:

 私はいつも、admin@gmail.comの裏にいるのは誰だろうと思っていた。

Googleカレンダーに共有するユーザーを入力する

 彼らも、私のように興味を持つ人がいるだろうと思っているらしい・・・。

admin@google.comのユーザーの氏名にはsmart assが設定されていた。

 もしスパム業者が読者のgmailアカウントに、個人に合わせたメールを送ってきていたとすれば、彼らはこの方法で読者の名前を知ったのかもしれない。

 どうだろうか。確かに、これはこの世の終わりというようなものではないが、非常に興味深いことは確かだ。私はこれを見てすぐに、Nitesh DhanjaniとBilly Riosのフィッシングについての講演を思い出した。これもBlack Hat Vegasで聞くことができるので、ぜひ聞くべきだ。この講演は個人情報の盗難とフィッシングの世界についてのものだ。この問題は、そのようなフィッシング業者の一部に名前を漏らしてしまう可能性がある。BillyとNiteshの話を聞いて、もし彼らがこれを悪用していなければ私は驚くだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化