「WAN最適化市場でリーダーになりたかった」:Packeteer買収のBlue Coat - (page 2)

田中好伸(編集部)

2008-07-17 19:36

 (2)の高速化では、すべてのアプリケーションを対象にWAN最適化を図ろうというものだ。従来のWAN高速化では、統合されたストレージやファイルアクセス、メール、イントラネットなどのWAN内のアプリケーションの高速化に重点が置かれていたが、Blue Coatでは今後、WAN外部のアプリケーションでも高速化を図ろうとしている。

 具体的には、SaaS(Software as a Service)やクラウドコンピューティングから提供されるアプリケーションの高速化を図ろうとしているのである。また、音声会議やビデオ会議、あるいはデータセンターに設置されたシンクライアントなど、よりリアルタイム性が問われるアプリケーション・通信も含めたネットワークの最適化を進めようともしている。このアプローチには、Blue Coatが開発するProxy SGが活用される予定だ。

 (3)のセキュアという部分については、WANの内部と外部で送受信されるウェブトラフィックをリアルタイムでフィルタリングしたり、内部から悪質なウェブコンテンツへのアクセスを削減したりといったマルウェア対策などを中心に、より安全なウェブ活用を展開することを目指す。この部分でも、Blue Coatが従来から所有するセキュアウェブゲートウェイであるProxy SGを活用していく。

 こうした方針を説明するNeSmith氏は、その背景として、アプリケーション配信網で「パラダイムシフトが起きている」と語る。そのパラダイムシフトとは、さまざまなところでの変化が積み重なってできあがりつつあるものという。

 その一端が、モバイルユーザーが増加するとともに、データセンター内でサーバ統合が進められ、コンテンツ/アプリケーションの一元管理も同時並行で展開されているという状況にある。このことから、エンドユーザーとコンテンツ/アプリケーションの「“距離”が大きくなっている」(NeSmith氏)と言うことができる。

 “長距離化”とともにトラフィック量は増加し、煩雑なプロトコルも増加することで、パフォーマンスが低下するという事態を招いている。事態はこれだけではない。制御不能なトラフィックや不要なトラフィックがあることで、トラフィックが輻輳(ふくそう)が引き起こる。またアプリケーションレイヤに潜むセキュリティ攻撃によってマルウェア攻撃が増加している。さらには、拠点間でパフォーマンスが低下したり、パフォーマンスが不安定になったりといった事態により、アプリケーションを迅速に配信できないという事実も存在する。

 これらの不都合は、どんなアプリケーションが動作しているのか把握できていない、ユーザーやコンテンツについて限られた情報しかない、何がマルウェアで何がそうでないのか判断できない、ミッションクリティカルなアプリケーションを制御できない、といった原因があるからだ。これらの問題を解消するために、「アプリケーションの可視化と制御が必要だ」(NeSmith氏)という結論になるのである。

 NeSmith氏は、こうした根の深い問題を解消するために現在取られているソリューションには「限界がある」と指摘する。セキュリティを向上させるために「すべてのトラフィックを止めてしまう」(NeSmith氏)か、マルウェアなどの脅威も含めた「すべてを高速化してしまう」(同氏)かのどちらかになってしまっているという。そのように判断するNeSmith氏は、今後のソリューションで必要なのは「不要なものを止め、必要なものを高速化させる」というアプローチだと説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]