SaaS:あなたはもうこのバズワードを無視できない

エリック松永 2008年07月25日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この連載では「経営者が知るべきバズワードの裏」と題して、企業の中でビジネスを考え、ITをそこに活用したいという方々を対象に、バズワードの真の姿を明らかにしていこうと思います。つまり、あなたのビジネスに今話題のITはどう役立つの? という視点でバズワードを見ていきます。第1回はSaaS。初回だけに前置きが長いですが、本題までちゃんと読んでくださいね。

バズワードとは?

 先ずは英語道場モードでスタートしましょう。

 Buzzとは、蜂がとんでいるときのあのブーン、ブーンという音の事をさす擬音語です。擬音語とはあるモノが発する音を文字で表したもの。言語が違うと音の受け取り方が違います。たとえば、犬は日本ではワンワンですが、英語ではbow-bowとなります。面白いですね。つまりbuzzの意味は単純に音を表しているだけです。

 言葉は、語源から派生して意味を広げていきます。まずは、蜂がブンブン頭の周りを飛ばれるイメージから騒がしいという意味が生まれました。

When Rock star suddenly appeared at library, boys and girls were buzzed with excitement.

 さらに「騒がしい」から派生して「熱狂する」という意味もあります。

Apple fanboys have buzzed about new 3G iPhone since the new iPhone’s rumor were spread.

 ブンブンの音から「電話する」という意味もあります。

Give me a buzz.

 しかし熱狂も度が過ぎると、ただ耳障りなだけです。Buzz wordのBuzzはここから来ていて、過度に使わされて耳障りな言葉を指します。想像してみて下さい、皆さんの頭の上に沢山の蜂が飛び廻り、ASP〜、SaaS〜、Web 2.0〜とうなりながら飛んでいるのを。皆さん、どう対処していますか?もういい加減にしてくれ!!、と振り払ってしまっていませんか? 下手すると殺虫剤で全部殺してしまっていませんか?

 実は、それは大きな間違いなのです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]