編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、オープンソースのApacheに資金提供

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、高森郁哉

2008-07-28 10:50

 オープンソースプログラミングにとって最大級のライバルであるMicrosoftが、オープンソースソフトウェアの最大級の支持者であるApache Software Foundation(ASF)に資金提供を開始した。

 「MicrosoftはASFのスポンサーとなる。これにより、ASFが管理者やその他のサポートスタッフに報酬を支払うことが可能になり、つまりはASFの開発者が素晴らしいソフトウェアを構築することに注力できるようになる」と、Microsoftのプラットフォーム戦略シニアディレクターを務めるSam Ramji氏は語った。同氏は米国時間7月25日、Open Source Conventionでの講演の中でこの動きを発表し、同社のブログ「Port 25」でもApacheの支援について説明した

 Apacheは依然として、ウェブサーバソフトウェア市場のシェアでMicrosoftをリードしている。しかしASFは、単に先駆者として首位を保っているだけでなく、競合相手よりはるかに多くのプロジェクトも抱えている。

 はたから見れば、これが契機となって、BGMが盛り上がる中、両雄が正面衝突して大破するシーンが予想されるかもしれない。だが、ここは冷静に考えてみよう。

 第1に、Microsoftの一部の関係者たちは長年にわたり、オープンソースソフトウェアを奨励するさまざまな発言を行ってきた(その一方で、別の関係者たちが否定的な発言を繰り返してきたにせよ)。Microsoftはプログラミング界に対し、Linuxで可能になっているのと同じように、Windowsを自由に使わせる意志はまったく持っていないようだが、一部のオープンソースコミュニティにおいて友好的なかかわりを試みてきた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]