編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

H.264ベースの独自方式採用した会議システム提供--1カ月1万5000円

田中好伸(編集部)

2008-07-28 17:17

 韓国DideoNETの日本法人であるDideoNET-JAPANは7月28日、動画エンコード方式「H.264」をベースに独自のコーデック方式を採用したタイムシェア(時間貸し)方式のテレビ会議システム「SUGU MEET」の提供を開始したことを発表した。

 SUGU MEETはASP方式で提供され、必要な時間だけ使用できる。利用価格は、1カ月に16時間までの使用で1万5000円となっている。

 SUGU MEETのコーデック方式は、H.264をベースにした「SMV2」と呼ばれる独自のコーデック方式を採用。これにより、既存サービスと比べて2ランク上の画質を実現しているという。遅延も2秒以内と、従来のものと比べて少ないと同社では説明している。画質のビットレートは100kbps〜300kbps、1秒間あたりのフレーム数は30となっている。

 ASP方式を採用することで、初期の高額の投資設備が不要。1回2時間で、1カ月8回会議を開催することを想定して、16時間までの使用で1万5000円という価格を設定している。ユーザーIDの発行は無料、無制限であることから、運用条件によるコスト増を心配することもないとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]