編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

インテル、ソーラー事業への投資を拡大--Voltaixに1250万ドルを出資へ

文:Elsa Wenzel(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-07-31 11:00

 Intel Capitalは米国時間7月29日、ソーラー事業への出資を拡大し、Voltaixに1250万ドルの出資を約束した。ニュージャージー州ブランチバーグに拠点を置くVoltaixは、半導体や太陽電池を製造するための化学薬品を製造している。

 Voltaix社長のJohn de Neufville氏は、声明の中で、四半世紀にわたって半導体と薄膜ソーラー材料を提供しているVoltaixは、建物一体型太陽光発電という成長する市場での役割の拡大を目指していると述べている。

 Intel Capital社長のArvind Sodhani氏は、「Voltaixへの投資は、ICの製造分野と薄膜太陽光発電などのクリーンテクノロジ分野を中心とした技術革新を推進するという、Intel Capitalの製造戦略の一環だ」と述べている。

 Intelの投資部門であるIntel Capitalは7月初め、薄膜太陽電池モジュールを製造するベルリン工場の建設を目指しているドイツのSulfurcell Solartechnikに対する1億3370万ドルの出資を主導し、自らも3770万ドルを出資したと発表した。Intel以外の出資企業には、Climate Change Capital Private Equity、AIG、Demeter Partners、Zouk Venturesが名を連ねている。

 Intel Capitalは6月、太陽光電池モジュールの太陽電池を製造するSpectraWattの設立にあたり、5000万ドルの出資を主導した。Intel Capital以外にも、Goldman Sachsの子会社Cogentrix Energy、PCG Clean Energy and Technology Fund、Solon AGがSpectraWattへの出資に参加した。

 SpectraWattの最初の製品は、工場設立後、2009年半ばに出荷される見込みだ。

 2007年のIntel Capitalの投資の37%は米国以外の企業に対するものであった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]