AT&T、クラウドコンピューティングサービスを開始

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年08月06日 11時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AT&Tが成長著しいクラウドコンピューティングサービスのプロバイダとして、ネットワーキングやストレージサービスを提供するという。米国時間8月4日夜、 Wall Street Journalのオンラインサイトが報じた。

 GoogleやIBM、Amazon.comなどのIT企業大手も取り組むクラウドコンピューティング。このサービスを利用することで、顧客企業は自らのデータセンターの維持に関わる負担をなくすことができる。Wall Street Journalによると、AT&Tにとって最初の顧客は、Teamusa.orgをはじめとする五輪関連のサイトを運営する米国五輪委員会になるという。米国五輪委員会は、AT&Tのサービスを利用することで、北京五輪の開催期間中に運営サイトへのトラフィックが急増しても、ビデオや試合結果を提供できるよう対応する。

 AT&Tがこのサービスの対象顧客と見込んでいるもう1つの業界がEコマース。AT&Tの製品開発担当バイスプレジデントJim Paterson氏は、Wall Street Journalに対し、オンライン販売業者は同サービスを利用して、感謝祭の翌日に見られるような購買活動の急増に耐えられるようになるという。

 クラウドコンピューティングは大企業にとってもとても魅力あるサービスだが、その一方でリスクも存在する。7月、「Amazon Simple Storage Service(S3)」が停止し、多くの企業がデータにアクセス不能となった。Amazonは被害を受けた顧客に自動クレジットを発行したが、この不具合により、顧客は自らコントロールできないデータセンターに依存することの怖さを見せつけられる格好となった。

 Wall Street Journalの報道があった翌日の5日午前、AT&Tは「AT&T Synaptic Hosting」サービスの提供を正式に発表した。同社が「スーパー・インターネット・データセンター」と証するゲートウェイは5つの地域に作られるという。具体的にはニュージャージー州ピスカタウェイ、サンディエゴ、メリーランド州のアナポリス、シンガポール、アムステルダムの5箇所という。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算