マルウェアの流通に利用されるTwitter

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年08月06日 16時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間7月31日、私はAviv Raff氏が発見したTwitterの自動フォローの脆弱性について記事を書き、悪質なソーシャルエンジニアリング(マルウェア)攻撃がこの人気の高いマイクロブログサービスに行われるのは時間の問題だろうと警告した。

 そして、これがそうだ。

 Kaspersky Lab(わたしの雇用主)のマルウェアハンターたちは、今ではTwitterは明らかに十分大きなものになっており、悪意のあるソフトウェアの流通メカニズムになっている最初の兆候が現れているのを発見した。

このケースでは、Twitterのプロフィールがブラジルのポップスター、Kelly Key氏のポルノ的な動画へのルアーとして機能している。Kaspersky LabのDmitry Bestuzhev氏は、次のように説明している

 このプロフィールは明らかにユーザーを感染させるために特別に作成されており、写真以外のデータはなく、この写真は動画にリンクされている。

 このリンクをクリックすると、動画を見るのに必要なAdobe Flashの新バージョンとされるものの自動ダウンロードの進行状況を示すウィンドウが現れる。最後には、マシン上にAdobe Flashという名前のついたファイル(ただしこれは偽装だ)が作成される。このテクニックは現在非常によくあるものだ。

 実際には、これはトロイの木馬のダウンロードプログラムで、10のファイルを感染したマシンにダウンロードする。それらのファイルはすべてMP3ファイルに偽装されている。

 この攻撃テクニックには、高度なプログラミング技術は必要としない。単にトロイの木馬を購入し、それをウェブサーバにアップロードして、互いにフォローし合うTwitterのプロフィールを作成すればいいだけだ。もっと恐ろしいことに、既知の、未修正の自動フォローの脆弱性を利用し、悪質なリンクを送る標的の巨大なネットワークを構築することもできる。

 もう1つの大きな問題は、検索エンジン(特にGoogle)はTwitterのプロフィールをインデックスに取り込んでおり、巧妙なソーシャルエンジニアリング戦術で作成され、広められた悪意のあるページは高いランキングを得ることになるということだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算