編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「SQL Server 2008」のRTM提供を開始

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-08-07 06:46

 Microsoftは米国時間8月6日、データベースソフトウェアの最新版「SQL Server 2008」の開発が完了したことを正式に発表した。

 今回の発表でMicrosoftは、SQL Server 2008の最終的なコードをRTM版(Release to Manufacturing:製造工程向けリリース)としてリリースしたと明らかにしている。

 当初のリリース予定時期よりは遅れたものの、Microsoftは、「SQL Server 2005」のリリースから24〜36カ月以内に新バージョンを出荷するというスケジュールに沿うことができたと述べている。

 SQL Server 2008には、無料の「SQL Server 2008 Express」から、最上位版の「SQL Server 2008 Enterprise」に至るまで、さまざまなエディションが用意されている。他のエディションとしては、「Standard」「Workgroup」「Developer」「Web」に加え、PCとWindows Mobileデバイスの両方で動作する「Compact」などが用意されている。

 価格設定は、前バージョンのSQL Server 2005に対応して据え置かれている。このうち、Webエディションは、新たにSQL Server 2008から追加された。MicrosoftのバイスプレジデントであるTed Kummert氏は、ホスティングサービスを提供する顧客などが、機能や価格の面で、これまでニーズに合ったエディションがないと不満に思っていたが、新たなWebエディションにより、この要望に応えることができると、電話会議の席で語っている。

 SQL Server 2008のエンジニアリングチームの一員であるDan Jones氏は「ついにわれわれは製品発表へと至り、非常に満足している。今日は、本当にすばらしい日だ。レドモンドの頭上には、さん然と太陽が輝いている」と述べた。

 データベース製品は、このところMicrosoftの各四半期ごとの決算発表で際立った業績を残しており、競合企業のシェアを奪うことにも成功していることから、Microsoftにとって、今回のSQL Server 2008のリリースは重要性が高い。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]