編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Notes/Dominoを使い続ける」という選択肢--企業のコラボレーション基盤を考える(2)

梅田正隆(ロビンソン)

2008-08-08 19:39

 企業のコラボレーション基盤として一時代を築いた「Lotus Notes/Domino」。国内には数多くのユーザーがいるが、最新版へのアップグレードをためらっているユーザーも少なくない。R4やR5で開発したアプリケーションの互換性が、R6.5以降で保証されなくなったというのも、その理由のひとつだ。

 この「企業のコラボレーション基盤を考える」と題した連載では、特に旧バージョンのLotus Notes/Dominoユーザーが、この先10年を見据えて、今、何を考え、決断すべきなのかについて探っていく。

 今回は、現状のユーザーが「Notes/Dominoを使い続ける」という選択肢について考えてみよう。

IBMはユーザーのために何を発信しているか

 さて、Lotus Notes/Dominoを使い続けることを決断するとき、前回触れたようにアップグレードをするか、しないかの分岐点がある。実際、現段階ではアップグレードしないという選択をしている企業もある。ただ、今後、OS自体の変更や、連携する他のシステムとのギャップが生じることは避けられず、その時点でまた、何らかの選択を迫られるはずだ。では、「アップグレードして使い続ける」という選択はどうだろう。

 先に開催された「LotusDay 2008」(2008年7月15日)の基調講演において、日本IBM専務執行役員、ソフトウェア事業担当の三浦浩氏は、Lotus Notes/Dominoの今後の方向性について、「Lotus Notes/Domino 8やLotus Sametime 8、IBM Mashup Centerを連携させ、エンタープライズ環境にWeb2.0のムーブメントをつなげたい」と華々しく語った。

澤田千尋氏 日本IBM、ソフトウェア事業Lotus事業部事業部長の澤田千尋氏。

 また、Lotus事業部事業部長の澤田千尋氏は「Notes/Dominoの情報基盤を今後どのように利用するか、いかに新たなコラボレーションツールを取り入れていくかが重要」と述べている。たしかに、Lotus Notes/Dominoと新たなウェブテクノロジーの統合、新ツールとの連携といった分野は、IBMにとってビジネス的に最も「おいしい」ところだ。

 だが、サポート切れとなったNotes/Dominoと、そこで動いている業務を抱え、R4やR5に留まっているユーザーに、こうしたメッセージはリアルに響くのだろうか。そこに、現状の多くのNotes/Dominoユーザーと、IBM Lotusとの意識のギャップを感じる。

 イベントでは、Lotus Notes/Domino 8.0.1への移行について、日本IBM ソフトウェア開発研究所のLotusサービスが実施した事例が紹介された。ただ、当然と言えば当然だが、サポート切れとなっている「6.0.x」以前からの移行に関するコメントはなく、6.5.xから8.0.1への移行について問題ないことが、しっかりとアピールされた。

本当に必要な機能は千差万別

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]