「Live Mesh」サービス、利用可能国を拡大--3カ国を追加

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年08月19日 12時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Live Mesh」サービスは、まだ正式にはMacに対応していない。しかし、同社は、新たに3カ国で、招待がなくても同サービスが利用可能になったと発表した。

 Microsoftは ブログ投稿の中で、カナダ、インド、アイルランドの3カ国で利用可能になったと発表した。同サービスは、すでに米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドで利用可能だ。

 Live Meshは、クラウドベースのアプリケーションがデスクトップコンポーネントを持つことを可能にしたり、デスクトップアプリケーションをクラウドに取り込むことや異なるデバイス間での同期ができたりするサービスにいずれなることを目的としている。しかし、現時点では、主に複数のコンピュータ間でデータを同期化する手段として利用されている。

 Microsoftのサイト上には、何度かLive Meshクライアントの初期Mac版へのリンクが掲載されたが、同社はすぐに削除している。

 カナダ、インド、アイルランドでは、Live Meshサービスを利用する際に既存ユーザーからの招待は必要ないが、国ごとに人数制限があるため、興味のある人は急いだ方がいいだろう。Microsoftは10月に開催されるProfessional Developers Conference前にLive Meshのテストを拡大し、その時点で複数の新機能が追加されると見られる。

 またLive Meshチームは、先週、現行サービスにおけるいくつかの制限に関する興味深いブログを投稿した。例えば、Live Folderでは、各ファイルの容量は2Gバイトを超えてはならないが、最大10Gバイト分のコンテンツの保存が可能だ(クラウドベースのLive Desktopでは、保存可能なデータ容量が依然として5Gバイトに制限されている)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算