編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

インテル、大容量SSDの製造販売を開始

文:Brooke Crothers(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-08-20 08:17

 Intelは、コンシューマーおよびエンタープライズ市場におけるハードディスクドライブ(HDD)の利用に取って代わるべく、ついに大容量ソリッドステートドライブ(SSD)事業へと進出する。

 これは、Intelが、最初のフラッシュメモリとなる、256Kバイトのフラッシュチップを1988年に発表して以来、実に20年ぶりの出来事である。世界最大のチップメーカーであるIntelは、サンフランシスコで開催される「Intel Developer Forum」(IDF)において、SSDのラインアップを発表した。

 Intelの存在は、すでに激しい競争が繰り広げられている市場を、さらに激化するものとなる。Avian SecuritiesのマネージングパートナーであるAvi Cohen氏は「SSD市場へのIntelの参入は、やや遅れはしたものの、これまで予測されてきた通りである。これによって、一層の市場競争の激化が始まると考えられる」と述べた。

 まずIntelは、コンシューマーノートPC市場に向けて、マルチレベルセル(MLC)テクノロジがベースとなる、80Gバイトと160GバイトのSSDを投入し、エンタープライズ市場に向けては、シングルレベルセル(SLC)がベースとなる、32Gバイトと64GバイトのSSDを投入していく。2009年中には、Intelは、最大320Gバイトの容量で、MLCベースのSSDを提供する予定である。

 MLCは、低価格で大容量のSSDを製造可能にするものの、SLCよりは低速になり、信頼性も高くはない。しかしながら、現在は若干の超軽量ノートPCで、SLCベースのSSDが使われてはいるものの、将来的には、ほとんどのノートPCが、MLCベースのSSD採用へと移行すると考えられる。

 Cohen氏は「MLCがベースとなる新世代の製品群では、初期のSSDが抱えていた多くの問題が解決される。SSDは、ネットブックカテゴリーの製品に最適であり、最終的には、エンタープライズセグメントの(高性能)HDDにも取って代わる存在となるだろう」と語っている。

 とはいえ、大半のノートPCが、今後もHDDを採用し続けることに変わりはないと、Cohen氏は指摘する。同氏は「メインストリームのノートPCでは、今後もしばらくの間、HDDの利用が続くと予測している」と述べた。

 Intelが提供するSSDのうち、「E」の識別子は、上位モデルの「Extreme」を指し、「M」は、メインストリームとなるMLC製品と関連して用いられる。

 IntelのNAND製品グループのマーケティングマネージャーであるTroy Winslow氏は、「MLCモデルの製造は、今後30日以内にスタートし、SLCモデルの製造は、今後90日以内に開始する」と語っている。

 SSDは、1.8インチおよび2.5インチのサイズのラインアップとなり、シリアルATA(SATA) IIインターフェースが搭載される。通常は、「MacBook Air」「ThinkPad X300」、さらには先日発表されたばかりの「HP 2530p」など、超軽量ノートPCにおいては、1.8インチのSSDが装備され、法人顧客は、サーバ環境で2.5インチのSSDを使用する傾向が強い。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]