フォトレポート:インテルの思い描くマシンインテリジェンスの将来像 - 14/18

文:Stephen Shankland(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-08-25 17:37

 未来学者Ray Kurzweil氏は、人工知能が人間の知能を凌駕するというときが間もなく訪れると予測している。そして、Intelの最高技術責任者(CTO)、Justin Rattner氏もKurzweil氏と同じ見方をしている。Rattner氏は米国時間8月21日、サンフランシスコで開催中のIntelの開発者向け会議Intel Developer Forum(IDF)の基調演説で、テクノロジが人間の知能に追いつきつつあることを示すいくつかの証拠として、ロボット工学、通信といった分野における多くの進歩を披露した。  写真は、Rattner氏が、ロボットが掴んでいたリンゴを素早く奪ったところ。このロボットの手と腕は、周囲の電場の変化だけで対象物を感知できる。
 カリフォルニア大学サンタバーバラ校のBrian Koch氏(左)が披露しているのは、シリコンフォトニックと呼ばれる技術だ。この技術は、光信号を使ってマイクロプロセッサに断続的にデータを送信できる。デモでは3.2Gbpsの伝送速度でデータを送信した。光は電子に比べ消費電力が小さいため、電子に代わる優れたデータ伝送手段だ、とRattner氏(右)は指摘した。

 カリフォルニア大学サンタバーバラ校のBrian Koch氏(左)が披露しているのは、シリコンフォトニックと呼ばれる技術だ。この技術は、光信号を使ってマイクロプロセッサに断続的にデータを送信できる。デモでは3.2Gbpsの伝送速度でデータを送信した。光は電子に比べ消費電力が小さいため、電子に代わる優れたデータ伝送手段だ、とRattner氏(右)は指摘した。

提供:Stephen Shankland/CNET News

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]