編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、英国広告大手WPPと資産交換も含めた取引を検討

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子

2008-08-26 10:59

 オンライン広告への進出を図るMicrosoftがまた別の買収に焦点を合わせている可能性があると、Advertising Ageが米国時間8月25日に報じた

 報道によれば、Microsoftは、同社の所有する広告代理店Avenue A/Razorfishを英国の巨大広告会社WPP Groupに売却する交渉を再開しており、その中で新たな提案をしているという。

 この交渉に詳しい筋の話としてAdvertising Ageが伝えたところでは、今回の交渉でMicrosoftは、かつてAvenue A/Razorfishを完全買収したのとは対照的に、資産交換を含めることを検討している模様だ。

 MicrosoftはAvenue A/Razorfishを手放し、その見返りとして24/7 Real Mediaの広告提供ツール「Open AdStream」と現金をパッケージでWPPから受け取ろうとしている。Avenue A/Razorfishの売却価格は、大半の広告会社の価格より高くなるだろうが、この規模のインタラクティブ広告代理店が買収に適することはめったにない。

 Microsoftがインタラクティブ広告代理店のAvenue A/Razorfishを買収したのは2007年のことで、60億ドルを費やしたオンライン広告会社のaQuantive買収の一環だった。この買収は、「Atlas Media Console」と「DRIVE Performance Media(DRIVEpm)」を手に入れることも主要な目的としていた。Atlas Media Consoleはデジタルマーケティング技術を提供するツールで、DRIVEpmはオンライン広告の在庫を大量購入し、ターゲット市場に応じて広告会社に再販するツールだ。

 WPPにとっては、同社の主要な事業と比べて重要性が少ないと思われるウェブサイト運営者向け広告提供ツールを、この資産交換によって手放すことができるとAdvertising Ageは伝えている。

 2008年になってYahooの買収交渉に失敗して以来、Microsoftが自社の検索広告プラットフォームへの取り組みを強化する方法を捜し求めていることを考えれば、こうした取引も驚くにはあたらない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]