編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグル、Linuxから「OpenSolaris」への移行を検討か

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子

2008-09-02 14:53

 Googleが社内で利用するOSについて、現行の修正版Linuxディストリビューションに追加する候補として、Sun MicrosystemsによるUNIX系統の「OpenSolaris」をGoogleが積極的にテストしているとComputerworldが伝えている。OpenSolarisについてGoogleで積極的な実験が行われていることは筆者も承知しているが、Linux離れというのは、少なくとも短期的にはありえないと思う。

 Google外の情報筋によると、Googleのサーバでは現在、同社のエンジニアが修正を加え余分なものを取り除いた「Red Hat Linux」が動いている。最近Googleへの就職面接を受けたSolarisシステムのある管理者は、その場にいたGoogleの従業員から、同社は独自に修正を加えたOpenSolarisを作ってテストする計画だと伝えられたと語っている。

 OpenSolarisへの切り替えは、Sunの元従業員を多数抱え、データセンターの性能向上に躍起になっているGoogleにとって自然な流れだと、(テクノロジコンサルタントであるStephen)Arnold氏は語った。ただ同氏は続けて、GoogleがOpenSolarisを広範囲に展開するのかというとそれはまだ疑わしいと指摘した。「近い将来Linuxに置き換わるのか? それはノーだ」と同氏は言う。

 そのとおりだ。Googleは性能を第一に置くことでは他の追随を許さない。他社(eBayやYahoo)と同様にOpenSolarisに賭けることに躊躇はないかもしれない。Solarisはもうずっと、性能においては定評を確立している。

しかし、Googleが性能についてこんな短期的な見方をとるとは思えない。Linuxには活気のある強力なコミュニティーがあり、性能の改善と普及拡大に取り組んでいる。OpenSolarisはすばらしいプロジェクトだが、この幅広いコミュニティーの関与がまだ欠けている。LinuxでGoogleは、Hewlett-Packard、IBM、Red Hatなどによる貢献から恩恵を受けている。では、OpenSolarisでは?どちらかと言えば単独行動ということになるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]