編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル、Linuxから「OpenSolaris」への移行を検討か

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子

2008-09-02 14:53

 Googleが社内で利用するOSについて、現行の修正版Linuxディストリビューションに追加する候補として、Sun MicrosystemsによるUNIX系統の「OpenSolaris」をGoogleが積極的にテストしているとComputerworldが伝えている。OpenSolarisについてGoogleで積極的な実験が行われていることは筆者も承知しているが、Linux離れというのは、少なくとも短期的にはありえないと思う。

 Google外の情報筋によると、Googleのサーバでは現在、同社のエンジニアが修正を加え余分なものを取り除いた「Red Hat Linux」が動いている。最近Googleへの就職面接を受けたSolarisシステムのある管理者は、その場にいたGoogleの従業員から、同社は独自に修正を加えたOpenSolarisを作ってテストする計画だと伝えられたと語っている。

 OpenSolarisへの切り替えは、Sunの元従業員を多数抱え、データセンターの性能向上に躍起になっているGoogleにとって自然な流れだと、(テクノロジコンサルタントであるStephen)Arnold氏は語った。ただ同氏は続けて、GoogleがOpenSolarisを広範囲に展開するのかというとそれはまだ疑わしいと指摘した。「近い将来Linuxに置き換わるのか? それはノーだ」と同氏は言う。

 そのとおりだ。Googleは性能を第一に置くことでは他の追随を許さない。他社(eBayやYahoo)と同様にOpenSolarisに賭けることに躊躇はないかもしれない。Solarisはもうずっと、性能においては定評を確立している。

しかし、Googleが性能についてこんな短期的な見方をとるとは思えない。Linuxには活気のある強力なコミュニティーがあり、性能の改善と普及拡大に取り組んでいる。OpenSolarisはすばらしいプロジェクトだが、この幅広いコミュニティーの関与がまだ欠けている。LinuxでGoogleは、Hewlett-Packard、IBM、Red Hatなどによる貢献から恩恵を受けている。では、OpenSolarisでは?どちらかと言えば単独行動ということになるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]