編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

モジラ、「Firefox 3.1」の第2アルファ版を公開

文:Renai LeMay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-09-08 10:03

 Googleが競合ブラウザ「Chrome」を公開してから何日も経たないうちに、Mozilla CorporationがウェブブラウザFirefoxの新しいテスト版をリリースした。

 Firefox 3.1の第2アルファ版が公開されたのは米国時間9月6日深夜。「Shiretoko」という開発コード名で呼ばれていた同ソフトウェアは現在、開発者やテスターのみを対象にしており、Firefoxの安定版としてはバージョン3.0.1の使用が推奨されている。

 Mozillaは声明で、テスト版には複数の新機能が搭載されたと述べている。そのうちの1つが、HTML 5の標準となったvideoタグのサポート。ウェブブラウザで配信されるビデオが増えるなか、ビデオの機能性を確保することが目的だ。

 ブラウザウィンドウ間でタブをドラッグ&ドロップできるようになったほか、一部機能のパフォーマンス向上が図られている。またWindows VistaのAeroサポートにより、Firefoxでより多くのテーマを利用できるようになった。

 処理速度が特に強化されたのは、Googleが先週公開したChromeのベータ版で売りにしていたJavaScriptの処理に関わる部分である。

 MozillaはFirefoxにより高速なJavaScriptエンジンTraceMonkeyをFirefoxに組み込む予定だが、このたびのリリースには同エンジンが搭載されていないという。その代わり、オンラインに掲出された方法に従って、同エンジンをテストすることは可能だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]