編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

個人だけじゃない--企業だってマイクロブロギングで短くつぶやいてみる - (page 4)

文:Natasha Lomas(silicon.com)  翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2008-09-10 08:00

--企業にとってのデメリットは何かある?

 そうだな、スタッフがマイクロブロギングに没頭して仕事にならなくなると心配する声も上がっているね。つぶやきを読んだり、つぶやいたりしている時間があれば、仕事をしろってね。でも、Facebookのようなソーシャルネットワーキングサイトを社内から利用するということに対する懸念の声が定期的に聞かれるのに、業務が止まってしまったという話は聞かないよね。だから、そんな心配は「過剰反応」や「大袈裟」といった部類のものとして放っておけばいいと思う。Twitterが業務の生産性を向上させるのか、それとも低下させるのかは、時間が経てばわかることさ。とは言うものの、(DellのディスカウントコードTwitterのように)戦略的に導入すればある種の業務プロセスを加速できるということは実証されているよ。

 Twitterなどにまつわる他の心配事として、ブランドイメージの維持が困難になるという声もあるね--つぶやきは考え無しに書かれるかもしれず、いったん送信したら編集することができないから誤字や人為的な誤りはつきものとなるし(幸いなことに、削除することは可能だ)。

 でも誤字があったからといって、必ずしも企業イメージがダウンするというものではないからね。政治家の間でTwitterが浸透しているところを見れば、マイクロブロギングというものが「私生活での本音」に見せかけた宣伝活動にも一役買っていることはわかるけどさ。

 政治家が中身の薄っぺらなゴミネタを好きなだけばらまけるからと言って、企業も同じことをできることにはならないだろう。Gartnerは、企業がTwitterやその他の類似サービスを利用する場合には、スパマーと思われるような行動を避けるよう注意すべきだと主張しているよ。アナリストも「有益な情報とおとり広告の差は紙一重だ」と言っている。要は、つぶやく前に考えろということが基本になるだろう。

 企業が抱くもう1つの懸念は、スタッフが機密情報をつぶやいてしまわないかということかな。でも、こういったことはどのようなコミュニケーションでも起こり得るだろう--つまり電話でうっかり口を滑らせてしまうとか、転送すべきではない電子メールを転送してしまうとか、それに給湯室でのうわさ話から広まってしまうとか。人間はしゃべる生き物なのだから、スタッフ教育と、適切なセキュリティポリシーが必要になるというだけのことさ。

--うん、Twitterについてわかってきた気がするよ。だけど、他のマイクロブロギングサービスについてはどうなんだい?

 Twitterが最大手だけど、Jaiku(Googleに買収されている)やPlurk、Pownce(Diggの共同設立者であるKevin Rose氏によって立ち上げられた)を始めとして、同様のサービスを提供している競合他社がたくさんあるよ。こういった企業の多くでは、ソーシャルネットワーキングの他の側面を取り込もうとしていて、Twitterよりも複雑なものを提供しようとしているように思えるな。Twitterが成功している要因は、この分野に最初に参入したということだけではなく、そのサービスをシンプルなものに保とうとする姿勢にもあるんじゃないかと思う。

 それに、社会現象としてのマイクロブロギングは、最も大きな群衆が集まるところで最もうまく機能するわけだから、注目度の高いTwitterは無視できない存在だということも言っておいた方がいいかな。

--それで、いまなにしてる?

 今ちょうどオフィスを出て、泳ぎに行こうとしていたところだよ。尋ねてくれてありがとう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]