マイクロソフトの9月の月例パッチが公開される

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年09月11日 00時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは4件の最大深刻度が緊急のセキュリティ情報を公開し、何百万人ものWindowsのユーザーに影響を及ぼす、少なくとも8件のコード実行脆弱性を修正した。

 9月の月例パッチは、すべて「緊急」にレーティングされており、Windows Media Player、Windows Media Encoder、Microsoft Office、Microsoft Windows GDI+(グラフィックデバイスインターフェース)のセキュリティホールを修正している。

 GDI+に関するセキュリティ情報(MS08-052)では、GDI+が不正な形式の画像の表示を処理する際の5つの異なる脆弱性について記述している。このセキュリティ情報では、すべてのサポート対象のバージョンのWindows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows Server 2008およびいくつかのOSコンポーネントに対し、レーティングを緊急に指定している。

 攻撃が成功した場合のリスクは大きい。

 この脆弱性は、ユーザーが影響を受けるソフトウェアを使用して特別に細工された画像ファイルを開いた場合、または特別に細工されたコンテンツが含まれる Web サイトを参照した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。

(参照:Critical WMP, MS Office bugs on Patch Tuesday swat list

 Microsoftは、Windows Media Encoder 9シリーズにインストールされているWMEX.DLL ActiveXコントロールのリモートからコードを実行される脆弱性に対するパッチ(MS08-053)も公開している。

 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Web ページを表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。ユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしている場合、攻撃者はこの脆弱性を悪用して、影響を受けるコンピューターを完全に制御する可能性があります。その後、攻撃者はプログラムをインストール、データの表示、変更、削除、または完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成する可能性があります。

 Windows Media Encoderのセキュリティ情報では、サポート対象の影響のあるバージョンのMicrosoft Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaに対し深刻度を「緊急」に指定している。Windows Server 2003、Windows Server 2008については、緊急度は「警告」になっている。

 Windows Media Player 11(WMP)についても、サーバーサイドプレイリストでWindows Media Serverから音声のみのファイルをストリーミングして再生する処理に存在する、リモートからコードを実行できる脆弱性を修正するパッチ(MS08-054)が公開された。

 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、Windows Media Player 11 を使用して Windows Media サーバーから特別に細工したオーディオ ファイルを受信した場合に、リモートでコードを実行する可能性があります。この脆弱性を悪用して、攻撃者は影響を受けるコンピューターを完全に制御する可能性があります。

 4件めのセキュリティ情報(MS08-055)は、Microsoft OfficeがOneNoteプロトコルハンドラ(onenote://)を使ってURLを処理する方法に存在するプロトコルハンドラのセキュリティホールを修正するものだ。

 この脆弱性で、特別な細工がされた OneNote URL をユーザーがクリックした場合にリモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性を悪用して、攻撃者は影響を受けるコンピューターを完全に制御する可能性があります。その後、攻撃者はプログラムをインストール、データの表示、変更、削除、または完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成する可能性があります。

 Microsoftのこの問題への対応を見れば、同社の対応プロセスの舞台裏を理解することができる。

 SWIチームのブログで、Jonathan Ness氏は外部の研究者からOneNoteの脆弱性を「重要」のセキュリティ情報の公開と修正が必要な「情報漏洩」の問題だとして報告されたと説明している。

 ところが、Microsoftの対応プロセスでは、他の領域の問題がないかを調べるために製品チームがコードを監査することになっている。

 われわれは「変形のハッキング」調査のためにこの脆弱性について詳しく調べていた時、OneNoteがプロトコルハンドラを通じて渡されたパラメタの処理にmso.dllを使っていることを発見した。さらに調査したところ、onenote:// プロトコルハンドラに引数を渡すことでmso.dllのバッファオーバーラン脆弱性を発生させられることがわかった。これによって、この問題の深刻度は重要から緊急に跳ね上がり、影響も情報漏洩からリモートからのコード実行に変わった。

 Ness氏は、脆弱性を持つMSO.dllはほとんどすべてのバージョンのOfficeと、一部のOfficeの共有機能のための開発ツールで使われていると説明している。このため、MS08-055ではOneNote 2007がインストールされたすべてのコンピュータと、Office 10、11、12を持つすべてのコンピュータに適用されることとなった。

 プロトコルハンドラに関するセキュリティ問題については、過去の記事を参照して欲しい。

Command injection flaw found in IE: Or is it Firefox?

Microsoft should block that IE-to-Firefox attack vector

Mozilla caught napping on URL protocol handling flaw

Protocol abuse adds to Firefox, Windows security woes

Mozilla fixes its end of URL protocol handling saga

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化