編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

オンラインコミュニティを作るための人気のプラットフォーム、トップ10 - (page 4)

文:Dion Hinchcliffe(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2008-09-16 08:00

 トップ10には入らなかったものの、興味深い機能を提供し、今後さらに普及してくる可能性が高い製品についても11位から25位として紹介しておく価値があるだろう。これらの選択基準は全体的な人気や、革新的な機能、急上昇した人気といったものとなっている。

11.Mambo - PHPを用いて伝統的なスタイルで開発された、人気のあるコミュニティプラットフォームである。

12.Lotus SametimeおよびLotus Connections - IBMが提供しており、統合化された機能を数多く備えている。

13.OneSite - コミュニティのブランドにかかわらず利用できる、オンデマンド型のソーシャルネットワークコミュニティである。

14.BoonEx - 豊富な機能と能力を備え、ウィジェット化を推し進めたSaaS型のコミュニティである。

15.Crowdvine - 人気の高い「Web 2.0 Expo」カンファレンスのコミュニティを支えるために利用されている。コミュニティを支援する機能一式と、コンテンツ管理機能、外部サイトとの統合機能が用意されている。

16.Facebook Open Platform - Facebookの開発プラットフォームをコミュニティのためにオープンソース化したものである。

17.Mzinga - 人事やマーケティングといった特定部門向けのソリューションを提供するものであり、着実に採用事例を増やしている。

18.Leverage Software

19.HiveLive

20.SocialGo - オンデマンド形式のSaaS型コミュニティサービスである。

21.IglooSoftware - 比較的最近登場したものであり、使いやすさとシンプルさを最大のセールスポイントとして企業ユーザーをターゲットにしている。

22.GroupSwim

23.SocialCast

24.Tomoye

25.Pinax - 最近登場したばかりのものであり、その機能は豊富である。アーリーアドプターが大きな興味を示している。これはPythonを用いて開発されたオープンソース製品である。

 読者の方も、お薦めのオンラインコミュニティがあれば、いつものように気軽にコメント欄に書き込んでほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]