グーグル、「Chrome」で開発者向け最新ビルドの自動入手を可能に

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年09月17日 07時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、新たな開発者向けプログラムを通じて、ウェブブラウザ「Chrome」の最新バージョンの試用を勧めることが可能になり、その初のアップデートの提供も開始された。

 Chromeの最新バージョンを入手したければ、Google Chromeの「Dev Channel」サイトより、「Google Chrome Channel Chooser」ソフトウェアをインストールすればよい。Google Chrome Channel Chooserは、開発の最先端をいくChromeのビルドを導入するか、それほど頻繁にアップデートはないものの、より安定したベータ版を使用し続けるかを、ユーザーが自由に選択可能にする。

 GoogleのChromeプログラムマネージャーMark Larson氏は、米国時間9月15日の夜中に投稿したChromeのメーリングリスト上で、「Google Chromeは、Dev Channelによって、自動的に早期のリリースバージョンへのアクセスが可能になった。ユーザーは最新のバグフィックスをテストし、開発段階の新機能にもアクセスすることができる。ほぼ毎週のように、われわれは最新ビルドをDev Channelへリリースし、これからGoogle Chromeで実現する機能を、ユーザーが事前にチェックして、フィードバックも受け付けていく予定である」と語った。

 このプログラムを通じて提供された、初のアップデートのビルドは「1251」で、単に好奇心が強い人々にではなく、プログラマーや、進んで実験台になることもいとわない人々のために最適のビルドとなっている。

 リリースノートによると、1251のビルドでは、MicrosoftのSilverlightソフトウェア、タブブラウザ、YouTubeや他のFlashプレーヤーでの動画再生、スケーラブルベクタグラフィクス(SVG)などに関連したバグの修正がなされており、暗号化されたウェブ接続が行われたサイト上では、テキスト情報の全文インデックス処理が隠されるようになった。また、ソフトウェアの起動時に、ネットワークやChromeのウィンドウ管理向けの、開発段階にある新技術を用いた機能を有効にするかどうかが選択可能になっている。

最新アップデートの入手方法

 Google Chrome Channel Chooserのソフトウェアを導入後、ユーザーは、最新バージョンが入手可能かどうかを、Chromeの右上にあるスパナのアイコンをクリックして、「Google Chromeについて」を選択することで確認できる。もし新バージョンが提供されていれば、そのままアップデートを選択し、Chromeを再起動して、変更を適用する。

 筆者は、「0.2.152.1」バージョンへとスムーズにアップデートできたものの、その後は、最新バージョンを入手できるのかどうか、確かめることができていない。ダイアログボックスを閉じるまで、何分も「Checking for updates…(アップデートを確認中)」の表示が出たままになるのだ。

 Chromeはオープンソースプロジェクトであり、このことは、Googleが、Firefox、WebKit、Microsoftなどで実施中のプロジェクトをも活用できることを意味している。他のユーザーがGoogleをサポートできる可能性もあるのだ。リリースノート上では、「皆さまに感謝する」という文言が数カ所に登場し、外部のユーザーが実際にパッチを提出し始めているようだ。

 このようにパッチを提供するには、プログラマーが、Googleに対しても著作権の適用を広げることが求められている。たとえば、提供時のオープンソースライセンスに変更を加えるなど、Googleが、Chromeのコードを自由に変更するのを許可することも意味している。

 Googleは、引き続きリリースノートで、セキュリティ関連のChromeのバグ修正に関する詳細は明らかにしておらず、いくつかのリリースノート内のリンクは見当たらない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算