編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows 7」が最新テストビルド「Milestone 3」ステージに到達

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-09-18 08:09

 「Windows 7」のパブリックテスト版のリリースまでに、まだ少なくとも1カ月はかかるものの、いくつかのWindowsのファンサイトの情報では、Microsoftは、大きな節目となる社内マイルストーンの段階まで到達したようだ。

 複数サイトが報じたところでは、Microsoftは、Windows 7のビルドを、社内および外部の複数キーパートナーに向けて配布し、「Milestone 3(M3)」ステージに達したという。Microsoftの関係者は、「Engineering Windows 7」公式ブログ上で明らかにされている点以外に、この件に関してコメントを出すことを拒んでいる。

 ZDNetのMary Jo Foley氏は、ある情報筋の助けを得て、Windows 7の最新ビルドを目にする機会に恵まれたと語っている。Foley氏は、短い利用時間ではあったものの、Windows 7が非常に安定しており、「Windows Vista」からの飛躍的な変更点は、あまりないように感じたと指摘している。

 一方でFoley氏は、Windows 7に搭載されるプログラムである「Paint」および「WordPad」では、「Office 2007」で採用された「リボン」に似たユーザーインターフェースが用いられていることも明らかにした。

 Stephen Chapman氏は、自身の「UX Evangelist」サイト上で、新しいPaintプログラムのものと思われるスクリーンショットを掲載した。

 このすべてが何を意味するのかに関して、Foley氏は、おそらく今回が、10月後半に開催予定のProfessional Developers Conference(PDC)で期待される、ある種のパブリックプレビュー版のリリースを前にした、最後の主な社内マイルストーンになると分析している。ベータ1版は、年内にも提供される可能性があると、Foley氏は語る。

 Windows 7の最終的な製品版の出荷時期をめぐっては、かなりの推測が飛び交う事態となっている。Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は、2009年後半にリリースしたいとの希望を口にしたことがあるが、最近注目されているうわさの中には、Microsoftが2009年6月という早い時期に、リリースを目指しているかもしれないといった内容も含まれている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]