編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

グローバルサイン、Adobe AIR向けのコードサイニング証明書を提供開始

目黒譲二

2008-09-22 15:30

 GMOホスティング&セキュリティの連結子会社で、電子認証サービスを展開するグローバルサインは9月19日、Adobe AIRプラットフォーム向けコードサイニング証明書の提供を開始した。Adobe AIR向けのコードサイニング証明書の提供は、日本の認証局では初めて。

 Adobe AIRは、アドビシステムズが提供する、OSやハードウェアに依存しないアプリケーション実行環境。コードサイニング署名検証の仕組みが標準的に備わっており、アプリケーションに署名が施されていない場合や改ざんが検出された場合にはインストールができないため、アプリケーションの配布に際してはコードサイニング署名が必須となっている。

 サービス料金は1年契約が5万9850円、2年契約が11万3400円、3年契約が16万3800円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]