編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シスコ、IMソフト開発企業のJabberを買収へ

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-09-22 12:36

 Cisco Systemsは米国時間9月19日、インスタントメッセージング(IM)ソフトウェア開発企業のJabberを買収する計画であることを発表した。

 しかし、ZDNetのLarry Dignanが指摘している通り、このニュースの実際の中心的話題は、CiscoとMicrosoftの間で激化するコラボレーション分野をめぐる争いだ。Jabberは、同社のウェブサイト上でオープンソースについてはほとんど触れておらず、代わりに「オープンスタンダード」に焦点を当てている。

 しかし、これは妥当だ。というのも、Jabberがほぼ完全なオープンソースソリューションであったことはこれまでにないからだ。同社は、オープンなJabber技術を採用しているが、同社製品は必ずしもオープンソースではない。

 今回の買収条件は明らかにされていないが、Ciscoにとってはごく小さな買収の1つではないかと筆者は考えている。Jabberは優れた技術を開発しているが、同社がその技術で大きな利益を上げているという話は聞いたことがない。同社が2008年に発表したと見られる唯一の顧客が米国海兵隊だ

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]