編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS、PDC参加者にWindows 7のプレベータ版の配布へ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-09-25 07:45

 Microsoftは詳細を明らかにしていないが、Professional Developers Conference(PDC)ブログの新情報によると、同社は間違いなく10月終わりに参加者に対して「Windows 7」のプレベータビルドを配布する計画であるという。

 このビルドは先週リークされたもの(「MS」ビルド6780)と同じものではないと推測している。その理由は?MicrosoftはPDCの日程表に新たに多数のWindows 7のセッションを加えたばかりであり、これらは筆者が先週目にした6870ビルドには含まれない新たなユーザーインターフェース(UI)要素に焦点が当てられているためである。

 新たなPDCセッションのひとつでは「Windows 7 Desktop Taskbar」が取りあげられる。もうひとつのセッションでは「新しいシェルユーザー体験APIs(アプリケーションプログラミングインターフェース)」が取りあげられる。さらにもうひとつのセッションでは、「探し出し、可視化し、オーガナイズするための新しいAPIs」について話される予定だ。

 選ばれた少数のテスターが目にし、いじる機会があったというWindows 7ビルドに含まれる新しいタスクバーを筆者はまだ見ていない。MicrosoftがWindows 7のUIの外観をガードするのにとりわけ慎重であったのも不思議はない。それがオペレーティングシステムリリースの違いを際立たせる最終的な「仕上がり」となるためである。

 「Windows Live Wave 3」サービスとWindows 7が、UI要素という点で、どれほど類似しているかが――またそのUIが、開発サイクルの現時点において、テスターのフィードバックによる影響を受けることができるのか、また受ける予定であるのかが――気になる。

 あるWindows Live Wave 3のテスターが今週に入り、Windows Liveテスターのなかには、Microsoftが取っているUIの方向性をあまり歓迎していない人たちもいると、私に述べていた。彼の指摘は以下の通りである:

 「どういう理由か、MicrosoftはすべてのLiveアプリにおいてツールバー(Commandバー)からアイコンを完全に取り除いた。『すべてのLive製品:ツールバーのアイコンがなくなった』とのバグ報告はMicrosoftにより『(デザインにより)解決済み』と(Microsoft関係者からの)以下のコメントとともに締めくくられた:『WindowsとWindows Liveは全体としてますますタイポグラフィカル主導のUIに移行している(すべてがWLMのような外観になるとは述べていない!)その理由は、すべてのホワイトスペースが、アプリケーションフレームではなく、コンテンツを浮き彫りにするためである。』

 「リークしたW7 M3の画像を見ると、Windows Explorerは同じアイコンレスのツールバーを誇示している。

 「私はこれを後退だと思う。Microsoftが誰の話を聞いているのかは知らないが、決して正しい方向には進んでいない。」

 Windows 7の話に戻ると、Microsoftは確かにユーザーが得る予定のコードは「プレベータ」であることを明らかにしている。(筆者は今でもWin 7 Beta 1は2008年12月に予定されており、Win 7の最終版の出荷目標は2009年後半の未明であると聞いている。)したがって、これはMicrosoftがPDCの参加者に提供する160Gバイトの外付けハードドライブに含まれる一式のひとつになると推測しているのだ。

 Microsoftが今秋、開発者に配布する用意があるソフトウェアとしては、ほかにどのようなものを望みますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]