編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「自社のデータセンターの電気代、知ってますか?」--環境対策に取り組むマイクロソフト

藤本京子(編集部)

2008-10-07 19:20

 マイクロソフトは10月7日、同社の環境に対する取り組みについて説明会を開催した。同社では、グローバルな組織として環境対策に取り組む部署を1年前に立ち上げ、今回初来日したRob Bernard氏がチーフエンバイロメンタルストラテジスト(最高環境責任者)に就任した。日本でも7月の経営方針説明会にて、日本法人の代表執行役社長を務める樋口泰行氏が、中期経営方針のひとつとして環境への配慮を挙げている。

Microsoft Microsoft 最高環境責任者のRob Bernard氏

 Bernard氏は、地球全体でエネルギー需要が増え、二酸化炭素(CO2)の排出が増え続ける中、「今後5年から7年の間に方向転換しない限り、地球は人間が住めないほど暑くなる」と警告する。そこでBernard氏は、半導体の技術進化を示す「ムーアの法則」を、「ITによるエネルギーの効率的な利用方法にも当てはめるべきだ」と主張した。

 そのためMicrosoftでは、ソフトウェアにエネルギー効率を高める機能を内蔵しているほか、同社のデータセンターでいかにしてエネルギー削減を実現したかを公開し、教育にも力を入れている。例えばWindows Vistaでは、節電機能として60分間操作がされないと自動的にスリープモードに入るという「ハイブリッドスリープ」機能がオンの状態で出荷されているが、この機能により、1日10時間、週に5日稼働する10台のPCを1年間利用した場合、自動車1台分の年間CO2排出量に相当する節電が実現するという。

 また、2009年夏にアイルランドのダブリンに開設される同社のデータセンターでは、外気を利用した冷却装置を導入するなどして、同規模のデータセンターより50%のエネルギー削減を実現する。さらにBernard氏は、「ユニファイドコミュニケーションを活用すれば遠隔会議が可能となり、出張を減らすこともでき、自宅での作業もできる。British Telecomでは40%のエネルギーを削減した」と話す。

 Bernard氏は、意識改革の重要性も強調している。というのは、同氏がITの専門家を前にした講演で「自社のデータセンターの電気代を知っているか」と聞くと、ほんの15%程度しか手があがらず、「データセンターのサーマルスキャンをしているか」と聞くと、わずか5%程度の人しか手をあげなかったからだ。

 Microsoftでは、次期Windows製品にてさらに節電機能を強化する予定で、同社のCRMおよびERP製品「Microsoft Dynamics」シリーズでも、2009年1月には節電機能が搭載されたものを発表する予定だという。

 こうした技術的な取り組みももちろんだが、Microsoftでは企業全体の取り組みとして、Microsoft本社近くのシアトルにて、車で通勤する社員がバス通勤できるよう同社のプライベートバスを走らせている。また、ソフトウェアの配布形態として「Digital by Choice」というプログラムを取り入れ、「企業にソフトウェアをダウンロードで販売し、数多くのCDやDVDを削減した」としている。

 日本での取り組みについて、マイクロソフト 業務執行役員 社長室 室長の冨沢高明氏は、「米国本社と共に環境に配慮したソフトウェアを開発し、それを日本国内のパートナーと幅広く展開しつつ、環境対策に取り組んでいきたい」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]