編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「Strata」とはマイクロソフトのクラウドOSプラットフォーム

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-10-09 06:57

 ブロガーのKit Ong氏(Long Zheng氏を通して知った)が良いことを発見した:Microsoftのクラウドオペレーティングシステム(OS)プラットフォームの名前は――または少なくともそのコード名は――「Windows Strata」である。

 Microsoftは間接的にこの名前をProfessional Developers Conference(PDC)のウェブサイト上で認めている。そこではクラウド関連セッションがみな今では「Windows Strata」の見出しの下にまとめられている。

 また同社はもうひとつの名前をPDCサイトで次のように調整していた:「Live Mesh Platform」は今では「Live Framework」と呼ばれている。「Live Services: Building Mesh Applications Using the New Live Framework」と題するひとつのセッションは、以下のように説明されている:

 「最初からライブにデザインされた新タイプのアプリケーションを構築する方法を学び、Live Meshを内側から感じに来てください。『Mesh Applications』はウェブブラウザでどこからでもアクセスできるとともに、ローカルで(そしてオフラインで)もユーザーのデスクトップ上で動作させることができます。そして専用サンドボックス、オンラインおよびオフラインのシンクロ化されたストレージ、自動配備とアップデート、アイデンティティ、アプリケーションカタログ、ソーシャルコンピューティングなどといった数多くのMesh付加価値サービスをフルに活用することができます。Mesh Application構造とライフサイクルとともに、Silverlight 2とJavaScript Mesh Applicationsも構築する方法を徹底的に学びましょう。」

 (もしPDCデモの際に、ウェブブラウザからアクセスして見ることができる、これらの「mesh applications」のひとつが、「PowerPoint」あるいはその他の「Office」ファミリーのアプリであったとしても驚かない…。ブラウザ内のOfficeは、現在の「Office Live Workspace」の動作方法と、どのように違うのか?PDCでもうひとつ解決すべき謎である。)

 しかしStrataの話に戻る。Strataとは現在コード名を「Red Dog」と称する製品のことなのだろうか?はっきりとはわからない。しかしStrataはRed Dogにクラウドのインフラストラクチャサービスの層(たとえば管理、仮想化、ネットワーキング、ストレージ、その他)を加えたものかもしれない。もうひとつ、まるごとクラウドサービスの層があるが――これをMicrosoftは「Live Platform Services」と称している――これはより低レベルの「Strata」の上位に乗ることになる。Live Platformサービスは、Live ID認証、デバイスシンクロナイゼーション、ワークフロー、P2Pネットワーキング、その他が組み込まれる部分である。

 (Wikipediaによれば「Strata」は層に関係しているようだ:「地質学やその関連分野では、ひとつの「stratum」(地層、複数形は「strata」)とは岩石や土の層であり、隣接する層と区別される均質の内部特性を有する。各層とは一般的に、互いに平衡に重なり合う層のひとつである…。」)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]