編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インフォテリア・オンライン、セキュリティと利便性を追求したファイル転送サービス「OnTranq」を開始

CNET Japan Staff

2008-10-09 21:43

 インフォテリア・オンラインは10月9日、企業向けファイル転送キューイングサービス「OnTranq(オントランク)」の提供を開始した。

 現在、企業間で利用されているネットワークでのデータの受け渡し手段としては、メール、FTP、VPN、ウェブベースのデータ転送サービスなどが一般的だ。インフォテリア・オンライン代表取締役社長の藤縄智春氏は、これらいずれの方法においても、セキュリティ面での不安や、システム利用面での不便さといった課題があるとする。新サービスの「OnTranq」は、「高いセキュリティを確保したファイル転送サービスを、メール感覚の利便性で提供するもの」(藤縄氏)という。

 OnTranqの利用にあたっては、送信側と受信側の双方に、専用のソフトウェアをインストールし、設定を行う必要がある。クライアントソフトは、Windows XP SP2以降、Windows Vista、Mac OS X 10.4/10.5で利用できる。転送対象のファイルは電子証明書により暗号化されるほか、クライアントソフトによって通信経路も128ビットのSSL通信により暗号化されるため、高いセキュリティが確保されるという。

 OnTranqで転送されたファイルは、インフォテリア・オンラインが運営するサーバ上の仮想的な「トランク」に一時的に保管(キューイング)されるため、複数の宛先に一斉にファイルを送信する場合でも、送信先の起動状況を意識する必要がない。トランクへの保管は、転送先への配信が完了するまでの一時的なものであり、その点でもセキュリティが配慮されているとする。

 送信したファイルのステータスは送信側のクライアント上に表示されるアイコンによって把握でき、相手の受信前であれば、転送の取り消しが可能だ。また、OnTranqの専用クライアントには、「フォルダを監視して送信」「受信したファイルをフォルダに保存」「外部プログラムを実行」といった形で自動処理を設定できる機能も用意されており、これを使うことでOnTranqと他のシステムとの簡易な連携が可能になる。

 インフォテリア・オンラインでは、OnTranqを特に機密性の高い大容量データの転送が必要な企業や部署向けに特化したサービスと位置づけており、個人情報や売上データの入ったExcelファイルやCSVファイル、特許文書や契約書などの文書ファイル、設計図などのCADファイルなどの拠点間、企業間での配信、収集といった用途での利用を見込んでいるという。

 OnTranqの料金は、トランク(ファイルの一時保管場所)のサイズに応じて設定される。トランクサイズが100Mバイトの場合、3000円/月(3万円/年)。1Gバイトの場合、3万円/月(30万円/年)。いずれの場合も、クライアントPC1台あたり、1ライセンスの購入が必要。また大規模向けに、容量500Gバイトの専用サーバを利用でき、ライセンスが無制限の「OnTranq Unlimited」も用意されている。OnTranq Unlimitedの利用料金は、初期費用500万円、年間契約料500万円より。

OnTranq 高いセキュリティを確保しつつ、メール送信の感覚で大容量ファイルを転送できる「OnTranq」。専用クライアントソフトはWindowsおよびMac OS Xで利用可能だ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]