編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MS、Windowsの起動時間を改善する「Instant On」を検討中か

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-10-17 16:28

 Windowsの起動に時間がかかり過ぎると思っているユーザーも少なくないだろう。Microsoftは現在、これに対応する選択肢を検討しているところのようだ。

 Microsoftは一部のユーザーを対象に、利用できるデスクトップを数秒内で画面に表示する「Instant On」機能がWindowsにあると便利と思うかどうかを調査中だ。

 Engadgetに掲示された調査概要の一部を引用すると、「この構想を『Instant On』と呼んでいる。Instant Onは、完全に電源をオフにするのではなく、いくつかの特定の機能を数秒で利用可能にするというもの」という。

 「Instant Onでのエクスペリエンスは、『フルWindows』モードとは異なる。Instant Onでは機能が限定され、アクセスできるアプリケーションも限られるからだ」

 起動時間の短縮は明らかにMicrosoftにとって優先課題であり、最新版「Windows 7」に含まれる可能性もあるようだ。

 エンジニアのMichael Fortin氏は8月、「Windows 7では、起動時間が短いシステムの数を大幅に増やすことが最大の目標の1つだ。ラボでは、15秒以下で起動するシステムがある」とブログに記している。

 Microsoftはすでに、 Windows 7と「Windows Vista」の両方でPCメーカーと協業しており、起動時間などの改善に取り組んでいる。協業の最初の結果は、2008年の年末商戦で登場するいくつかの最新機種で登場すると見られる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]