編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

サイバーテック、XML利用で柔軟なデータ管理と高速性を両立した商品情報管理パッケージ

CNET Japan Staff

2008-10-17 17:45

 サイバーテックは10月16日、XML技術を利用した商品情報管理パッケージソフト「MDM Master」の受注を開始した。

 同製品は、バックエンドに同社のXMLデータベース「Cyber Luxeon」を採用した商品情報管理システム。工作機械や建材、文具といった、ユニークな属性を持つ商品を製造するメーカーのマーケティング部門や、それらを取り扱う卸業、商社、小売業などでの利用を想定しているという。

 多岐にわたる複雑な商品情報やツリー型の構造を持つ商品情報を扱うシステムの場合、従来の表構造のリレーショナルデータベースでは、その特性上、パフォーマンスや拡張性に課題があったという。MDM Masterでは、そうした商品情報の管理にXML技術とネイティブXMLデータベースを利用することにより、高速な検索スピードと柔軟なデータ管理を両立した。商品情報の各項目は、システム稼働後に容易に追加できる。ウェブブラウザからのデータの閲覧、検索、登録、管理が可能で、ユーザーごとに詳細なアクセス権限の設定ができる。

 MDM Masterは、Windows上で動作する。ライセンス価格は、250万円/1CPU。保守契約料が50万円/年。ユーザー数は無制限。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]