編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

グーグル、実験的機能を試せる「Labs for Google Apps」を顧客向けに提供

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉

2008-10-29 13:13

 Googleは、「Gmail Labs」のやり方を踏襲し、「Google Apps」を利用している組織が実験的機能を試用できるプロジェクトを開始した。

 ただし、Gmailのユーザーは誰でもGmail Labsのオプションを試せるのに対し、「Labs for Google Apps」はグループ利用が原則となっている。組織のGoogle Appsアカウント管理者は、協業アプリケーションを使用可能にすることができ、それによりグループのメンバーはこれらを利用できるようになる。

 また、Gmail Labsと違い、これらはスタンドアロン型アプリケーションで、Gmailアプリケーションのパネル上部に並ぶカレンダーや文書リストなどのように、既存のGoogle Appsサービスを増強するガジェットではない。

 Googleは、「Solutions Marketplace」サイトに第1弾として3つのアプリケーションを提供しているが、将来的にはサードパーティーのプログラマーが自作アプリケーションを追加できるようにする計画だ。Googleによると、Labs for Google Appsのアプリケーションは、ウェブアプリケーションの汎用の基盤となる「Google App Engine」で実行できる

 第1弾のLabsアプリケーションの1つは、質問を投稿したり、回答してほしい質問に投票したりできる「Google Moderator」だ。GoogleはGoogle Moderatorサイトをホストしているが、Labs for Google Appsバージョンは当該グループのメンバー専用となる。

 もう1つの「Google Code Reviews」は、開発したソフトウェアに関するコメントを得るのに利用できる。3つ目は、ショートカットURLを作成できる「Google Short Links」だ。このサービスでは、Google Appsユーザーがウェブアドレスに対して短いURLを設定できる。その短縮URLがブラウザに入力された際に、Googleがオリジナルのドメインに転送することになる。

 Google Appsは、複数のオンラインツールのサポートを含むサブスクリプションプログラムを組織に提供している。サポート対象のツールは、Gmail、「Google Calendar」、チャット用の「Google Talk」、共同編集サイトを構築できる「Google Sites」、表計算とワープロ、プレゼンテーションで構成される「Google Docs」などだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]