AdobeがPageMakerの「重大」なパッチを公開

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-10-31 07:29

 Adobeは同社のPageMaker 7に存在する2件の重大な脆弱性を修正するパッチを公開し、これらのセキュリティホールの悪用により、ハッカーが「影響のあるシステムのコントロールを得る」可能性があると警告している。

 アドバイザリによれば、Adobeに確認されている3つめの脆弱性にはまだパッチは適用されていない。これらのセキュリティホールはPageMaker 7.0.1およびPageMaker 7.0.2に影響がある。

 Adobeのセキュリティ情報には次のようにある。

 Adobe PageMaker 7.0.1およびPageMaker 7.0.2に重大な脆弱性が確認された。これらの脆弱性は、攻撃者に悪用されると影響のあるシステムのコントロールを奪われる可能性がある。Adobeは報告された脆弱性のうち2件(CVE-2007-6432、CVE-2007-5394)に対するソリューションを提供しており、現在3件めの脆弱性(CVE-2007-6021)に関するソリューションについて調査を行っている。ユーザーは上記の手順に従ってインストールされたソフトウェアをアップデートし、信頼できない、あるいは正体の不明な情報源から入手したPageMakerファイルを開くことを避けることを勧める。これらの問題は、リモートから悪用することはできない。

 Adobeはこれを重大な問題に分類しており、影響を受けるユーザーに対しパッチを適用し、信頼できない、あるいは正体の不明な情報源から入手したPageMakerファイルを開くことを避けることを推奨している。

 Adobeのセキュリティ情報にクレジットされている企業の1つであるSecunia Researchは、パッチが適用された2件の脆弱性に関する技術的な詳細情報を掲載した、別のアドバイザリを公開している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]