SOAの投資は決して無駄にならない:Miko Matsumura氏

大野晋一(編集部) 2008年11月04日 01時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「今、SOAに投資しておけば将来の様々なITの姿に対応できる」――米国Miamiで開催されているSoftware AGの年次イベントInnovation World 2008で、同社のMiko Matsumura Vice PresidentがSOAの有効性を語った。

 Miko Matsumura氏はSOAのアーキテクチャーの利点は「一つのシステムや一つの言語がすべてを支配するのではない」こととする。これまでのエンタープライズITは、JavaやERPといった単一の言語やシステムにすべての情報を集め、ほかのサブシステムがこれらにあわせようという考え方の元作られてきた。

 しかし、こうした状況では、当然投資もふくらむ。さらに、変更への対応が不十分なものとなってしまう。変更への対応はビジネスの要求への対応だけでなく、エンタープライズITの新しい流れも含まれる。たとえばクラウドコンピューティングの導入により、企業の外部に存在するシステムと情報をやりとりする必要が出てくる。当然、単一のプラットフォームに統一など不可能だ。異なるデータモデル、異なる言語のシステムとやりとりしなければならない。

 企業システムをSOA化しておけばこうした状況にも柔軟に対応できるというわけだ。Software AGは、Get there faster.という標語の元、企業システムを現実的に近代化することに注力している。近代化されたシステムとは「一つのシステムや一つの言語がすべてを支配するのではない」システムのことで、SOAはこれを実現するための重要な柱の一つと位置づけられている。

 今回のイベントに合わせて、同社のSOAスイートWeb Methodがアップグレードされ、COBOLアプリケーションのSOA化を容易に行えるようになっている。COBOLはメインフレーム上で幅広く使われる言語でレガシーと言われるものの代表格だ。未だ多くの企業がCOBOL資産を抱え、これをどうモダナイゼーション(近代化)していくかに頭を悩ませている。同社はCOBOLアプリケーションをJavaなどに書き換えることなくSOA化することでエンタープライズITの近代化を促進しようとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算