編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル、「Google Visualization API」対応データの種類を拡大

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-11-04 15:38

 Googleは米国時間11月3日、同社の「Google Visualization API」で視覚化できる対象を拡大したと発表した。Google Visualization APIは、生の数値データをチャート、グラフ、テーブル、地図、プロットの形に視覚化する。従来、Googleのオンライン表計算アプリケーション「Google Spreadsheets」にしか対応していなかったが、今後はサードパーティーのデータソースにも対応可能となる。

 Googleによると、従来、Google Visualization APIでは、Google Spreadsheetsに保存されているデータからしかグラフィックスを作成できなかったが、今後は各種データベースや「Microsoft Excel」で作成されたスプレッドシートなど、ウェブベースのすべてのデータソースが使用可能になるという。

 Googleは3日、Salesforce.comのDreamforceカンファレンスの開幕に合わせてこの発表を行った。Salesforce.comは、Google Visualization APIに独自の新しいツールや技術を追加し、顧客が容易に視覚化機能を利用できるようにする。例えば、それらのツールを使って、カスタマイズされたダッシュボードのような新しい監視、コントロールパネルの構築が可能になる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]