編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

時代遅れのウェブ技術コンセプト--何とかしてほしい5つのケース - (page 2)

文:Rafe Needleman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-11-19 07:30

2. 保存

 サイトやアプリケーションで最新の状態を記録するために「保存」ボタンを押すというのは、その考え方自体が時代遅れだ。ユーザーがシステムや接続のバグからデータ消失のリスクにさらされることにもなる。

保存

 「Google Docs」では、入力と同時に最新内容が保存されるため、その点で「Microsoft Office」より優れている。「Quicken」(ソフトウェアバージョン)では、トランザクションごとに最新内容が保存される。「Microsoft Office OneNote」や「Evernote」といったメモアプリケーションには、保存ボタンがない。保存ボタンなど必要ないからだ(ただし、EvernoteのウェブバージョンにはUIの不具合で保存ボタンが存在している)。

 システムが適切に構築されていれば、ユーザーの操作はすべて元に戻してロールバックすることができるため、そもそも保存ボタンが存在する必要はないはずだ(もっとも、多くのアプリケーションでは依然として、ファイルのバージョンに目印をつける手段は必要だろうが)。

3. ログイン

 筆者はシステム上でパスワードマネージャ(RoboForm)を使用して、アクセスしたサイトの膨大な数の個々のログイン名とパスワードを管理している。これにはもう、うんざりだ。

ログイン

 いったいなぜ、信頼するログイン名を1つだけ使って、いつでも望んだ時にアプリケーションがそのログイン名を使うのを許可すること(そして、重要なことだが、許可を取り消すこと)ができないのだろうか。「OpenID」は、現段階ではメインストリームのユーザーに受け入れられるとは理論上考えにくいが、1つの解決策ではある。もう1つの優れた統一ログインツールとしては「Facebook Connect」がある。

 ユーザーがアクセスするすべてのサイトのパスワードを記録しておくのは、現実的に不可能になりつつある。もっといい解決策があるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]