見過ごしてはならないLinuxのデスクトップ10選 - (page 4)

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2008年11月18日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

#8:Metacity

 Metacityは一時期、GNOMEデスクトップのウィンドウマネージャとして使われていたこともあったが、最終的に独立したかたちで歩むことになった。Havoc Pennington氏(Red Hat)によって生み出されたMetacityはGTK+2ツールキットを使用している。Pennington氏はMetacityをロゴも含めて「意図的に退屈なものにしている」と述べている。Metacityは数多くの機能を搭載しているわけではない。むしろ「よくできたデフォルト」を売りにしている。人によってはMetacityを保守的でUNIXライクなウィンドウマネージャと表現するかもしれない。実際、必要なもの以外は何もないというところまで機能がそぎ落とされている。とは言うものの、メリットが全然ないというわけではない。

 Metacityは軽量で高速である。またほとんどすべての*NIX系OSでインストールが可能となっているという点で、*NIXのウィンドウマネージャと非常によく似ていると言える。多くのディストリビューション(Mandrivaなど)ではデフォルトでMetacityがインストールされている。Metacityがインストールされていない場合、コマンド(「yum install metacity」など)によってインストールしたり、パッケージ管理ツール内で見つけることができる。

#9:FVWM

 FVWMは一時期、Linuxオペレーティングシステムにおいて絶大なシェアを誇るウィンドウマネージャであった。実際、私がLinuxで最初に接したウィンドウマネージャはFVWMであり、それがWindows 98とよく似ていた(とは言うもののそれほど「すっきり」はしていなかった)ことを覚えている。FVWMには興味深い歴史がある。これは1993年にRobert Nation氏が開発したものである。彼は米国国防総省で働いていた時、UNIXで唯一のウィンドウマネージャであったTWMの限界に辟易としていたのだ。Nation氏はrxvtというターミナルエミュレータをすでに開発していたため、rxvtのリリース時にFVWMをバンドルしようと決めたのだ。彼はFVWMをリリースした1年後に、それを他の開発者に引き継いでいる。

 FVWMの現在のバージョンは2.4.20であるものの、興味深いことにNation氏が最後にリリースした1.24rも未だに最新のLinuxディストリビューション上でコンパイル、実行することができる。FVWMはAfterStep、Enlightenment、Window Makerを含む数多くの派生物を生み出している。FVWMをインストールするには、「apt-get install fvwm」を実行し、依存関係を受け入れるだけだ。

#10:CDE

 CDEは実際のところLinuxデスクトップではない。しかしながら、数多くのLinuxデスクトップに多大な影響を与えたという点で、ここに記しておくべきだろう。CDE(Common Desktop Environment)は1993年に発足したSunSoftおよびHP、IBM、USLの共同作業(Open Groupという名で呼ばれた共同プロジェクト)によって開発されたものである。この新しいデスクトップはHPのVUE(Visual User Environment)に基づいたものであり、Motif Window Managerから派生したものとなっている。CDEは長い間、UNIXデスクトップ環境の標準として位置付けられていた。しかし2001年になって、GNOMEの登場とともにあっさりと表舞台から消え去ってしまったのだ(その後、GNOMEの安定性の低さによって再び見直される時が来た)。

 CDEはパネルとスタートメニューからなる極めて標準的なデスクトップである。その最大の欠点は、見た目が古風でUNIXライクである点と、アンチエイリアスフォントがサポートされていない点、設定が煩雑であるという点である。CDEは主にSolarisデスクトップ向けのものであるが、AIXやHP-UXにもインストールすることができる。

選択肢の豊富な世界

 これですべてだ。こういった10個のLinuxデスクトップ(実際は9個+UNIXのデスクトップ)は、それぞれ大きく異なったものであり、非常に使いやすく、入手性も高いのだ。あなたは現在のデスクトップに満足しているかもしれないが、本当のLinuxファンであるのならば、ここで解説したデスクトップを試してみるべきだろう。他にも多くのLinuxデスクトップが存在しているものの、ここで挙げたものが最も優れたものとなっているはずだ。試してみて気に入ったデスクトップについてコメントを寄せてほしい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]