MS、米ヤフー検索事業の買収に乗り気か--ヤンCEO辞任で再浮上の可能性

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年11月19日 07時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もし米Yahooが、再びMicrosoftを交渉のテーブルに着かせたいならば、Jerry Yang氏が最高経営責任者(CEO)であるかどうかに関わりなく、とにかく検索分野のみでの提携を持ち出してみるとよいだろう。

 これは、ある影響力のあるMicrosoftの情報筋が口にした意見である。

 この情報筋は「もしまだYang氏がCEOの座にあり、明日にでもMicrosoft最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏を呼んで、検索分野のみでの提携について協議しようと持ちかけるとしても、おそらくBallmer氏は聞き入れるのではないかと感じている。Microsoftは、双方に利益をもたらす検索分野での交渉には、いつでも応じる用意がある。ただ、世の多くの人々は、いまだにYahooの全社買収案に期待をかけているようである。Microsoftの本社があるレドモンドで、そんなふうに今でも考えている人など、1人もいないのだが。Yahooの全社買収を検討する向きなど、もうここ数カ月間は、まったくなかった」と述べている。

 とはいえ、この「期待感」は、明らかに今でも健在のようである。米国時間11月18日午前中には、Jerry Yang氏がCEOの座を退くとのニュースが流れてから、市場での取り引きがスタートし、Yahooの株価は、前日終値より約12%高値の、1株当たり11.90ドルにまで急上昇した。一方、複数のアナリストが、再びMicrosoftは、Yahooの全社買収案を持ち出して、交渉の席に戻ってくるかもしれないと推測する調査ノートを、次々と発表した。

 UBSのアナリストであるBenjamin Schachter氏は、次のようなリポートを出した。

 われわれは依然として、最終的にはMicrosoftが、Yahooの全社買収を成し遂げると確信している。CEOのYang氏の退任は、これを加速させる可能性さえある。Yahooは、オンラインスペースにおいて、現在でも重要な戦略的資産であることに変わりはなく、これほどの規模で重大な影響力を行使するプレーヤーが不足していることを考えるならば、現在の株価には反映されていない、大きな価値が、Yahooにはあると考えている。

 UBSは、現在のYahooの目標株価を、1株当たり18ドルに設定している。

 Sanford C. BernsteinのアナリストであるJeffrey Lindsay氏は、Yang氏の辞任が、Yahooの取締役会は、現在のYahooの業績や経営に満足していないことを示すものとなり、これは良い兆候であるとする調査ノートを発表した。Lindsay氏は、さらに次のような報告も出している。

 今回のYang氏の辞任は、Yahooの経営陣が、とりわけMicrosoftを視野に入れた、幅広い提携の可能性を探る体制を整えていることを示すものである。

 Microsoftは5月に、一方的に持ちかけた買収提示額を、当初の1株当たり31ドルから、1株当たり33ドルにまで引き上げた後、交渉の席を立った。Yahooが、1株当たり37ドルの提示額を出してきた時には、ついにMicrosoftは、Yahooの全社買収を目指す交渉を、完全に打ち切った。

 Yahooの株価は、Microsoftが31ドルの買収案を提示する前日終値で、1株当たり19.18ドルを付けていた。

 Microsoftの情報筋は、Yahooや投資家に対して、今でもMicrosoftが、Yahooの全社買収に興味を抱いているのではないかとの概念を、完全に捨て去るようにと忠告している。しかしながら、もしYahooが、検索事業のみの買収案や、検索分野のみでの提携案を持ちかけて、Microsoftのもとへとやって来るならば、たとえそれが、Yang氏による提案であろうとなかろうと、大いにMicrosoftの注意を引くものとなるだろう。

 さらに、この情報筋は、5月後半にMicrosoftが持ちかけていた、検索事業のみの買収額として、およそ80億〜100億ドルという提示額が再提示されるのではないかとの期待は、まったく現実離れした見方でしかないとも付け加えた。

 Microsoftが、検索事業のみの買収案を提示した当時、Yahooの株価は、1株当たり27ドルのレンジを推移していた。しかしながら、11月17日終値のYahooの株価は、1株当たり10.63ドルであった。

 「Microsoftは、5月に提示した額では、Yahooの検索事業を買収したいとは思わないだろう」と、この情報筋は語っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]