編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

“快適さ”よりも“エコ”重視!--コクヨが作った究極の「エコオフィス」を見てきた - 2/21

柴田克己(編集部)

2008-11-20 21:01

 コクヨは11月20日、オフィスにおけるCO2排出量を削減するとともに、従業員が環境を意識しつつ創造性、生産性を高めることを目指した実験オフィス「エコライブオフィス品川」を、コクヨ東京ショールーム内に開設した。設置場所はショールーム内だが、ここでは約140名の同社営業部員とファニチャー開発部員が実際に仕事を行っているという。コクヨによれば、「オフィスの快適性よりも環境負荷の軽減を重視して、環境に配慮した新たなワークスタイルを取り入れた実験オフィス」とのことで、随所に徹底した環境配慮の工夫がなされている。写真は、エコライブオフィスの一部。一見、オープンな休憩スペースのようだが……。
 実はここも執務スペースの一部だ。無線LANが配備されており、各所に電源がとれるコンセントが用意されている。春や秋の天気のいい日はそのままでも過ごしやすいが、厳寒の冬や炎暑の夏、さらに梅雨や台風の季節などに、どうすればここで快適に仕事ができるのか……と、社員が主体的に環境との関わりを考え、意識や行動を変え、工夫することにより、アウトプットの質を高めることが期待されているのだという。そうした中から生まれたアイデアのひとつが……

 実はここも執務スペースの一部だ。無線LANが配備されており、各所に電源がとれるコンセントが用意されている。春や秋の天気のいい日はそのままでも過ごしやすいが、厳寒の冬や炎暑の夏、さらに梅雨や台風の季節などに、どうすればここで快適に仕事ができるのか……と、社員が主体的に環境との関わりを考え、意識や行動を変え、工夫することにより、アウトプットの質を高めることが期待されているのだという。そうした中から生まれたアイデアのひとつが……

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]