グーグル、OAuthをガジェットプラットフォームに採用

文:David Meyer (ZDNet.co.uk) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一 2008年11月21日 12時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ウェブにおいてプライバシーを制御しつつAPIアクセス権を委譲できるようにするオープンな標準OAuthを、同社のガジェットプラットフォームに採用した。

 OAuthは、あるウェブサイトに自分の個人情報を置いている人が、データをほかのウェブサイトやガジェットと共有する権限をそのサイトに付与する仕組みを提供する。OAuthはこの共有を、最初のサイトが共有を受けるサイトにユーザーのIDを明かす必要性なしに実現できる。

 Googleは6月、「Google Data API」のデータ共有にOAuthを採用することを発表した。そして米国時間11月18日、今度はOAuthを「Google Gadgets」で採用することを明らかにした。Google Gadgetsはデスクトップ用のインタラクティブなミニアプリケーションで、たとえばパーソナライズされたニュースフィードや地元の天気予報などを表示するものだ。

 OAuthを採用した最初のGoogle Gadgetsは、「MySpace」「AOL Mail」および「Google Books」の、カスタマイズページ「iGoogle」用アプリとなる。

 Googleでセキュリティ関係のシニアプロダクトマネージャーを務めるEric Sachs氏は、18日付のブログに次のように書いている。「われわれは以前、『Calendar』『Picasa』『Docs』といったGoogleアプリケーションのAPIにOAuthでアクセスするiGoogleガジェットを、サードパーティの開発者が作成できるようにすると発表した。実際のところ(Googleの)ガジェットプラットフォームとOAuthの技術はどちらもオープンな標準なので、iGoogleと似たサービスを運営しているほかの会社がこれら標準への対応を拡大できるよう、支援に取り組んでいる」

 Sachs氏は続けて、新しくOAuthに対応したiGoogle向けのガジェットが、(OAuth対応の)他社サイトでも機能するようになること、そして、Googleが自社で提供する数多くのガジェットがOAuthに対応することを述べている。「これはマッシュアップの面白いプラットフォームになる」と同氏は言う。

 「たとえば、ミューチュアルファンド(オープン型投資信託)が顧客にiGoogleガジェットを提供できる。このガジェットはiGoogleで実行でき、ミューチュアルファンドの価値を表示するが、Googleには社会保障番号や口座番号など、ユーザーを特定する情報をいっさい渡さないでいい」と、Sachs氏は書いている。「もしかすると将来は、銀行などの業界がOAuthを標準として採用し、顧客が公益サービス企業に口座引き落としを許可する際に、銀行の口座番号を伝える必要がなくなるかもしれない」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化