スパムISPの遮断は何を意味するか

文:Adam O'Donnell(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年11月21日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット上のスパムの大部分を送信する指示に関与していたISPが遮断されてから、1週間強が過ぎた。遮断後間もなく、多くの団体がスパム送信量が激減したことを歓迎したが、その真実はもっと微妙なものだ。

 スパム業者を除く誰もがスパムを嫌っており、今回の出来事は結果的にメディアの大きな関心を引いた。ただし、この問題にははっきりさせておくべき2つの誤解がある。このISPは、それ自体が直接インターネット上の全スパムの半数以上を送信していたわけではなく、単にスパムを送信するシステムを統制していただけだ。もし、それ自体がそれだけのメールを送信していたら、地球上で最大のトラフィック発生源となっていただろうし、回線費用の負担でとうに潰れていただろう。また、このISPが関与していたのはインターネット上で送信される全スパムの半分についてであり、メールボックスに配信される全スパムの半分ではない。強力なコンテンツフィルタを持ち、複数レイヤのIPアドレスのブラックリストを持っているISPでは、顧客のメールボックスに配信されるスパムの数はほとんど変わらなかったはずだ。このISPによって送信されたスパムは、もともと優れたアンチスパム保護技術に投資している人たちには届いていなかった。

 私はこのISPの遮断を、インフラの遮断が実際に効果があることを示すことで、今後他のスパムを支援する組織を追い込んでいく機運を作った画期的な出来事だと思う。私はこの出来事が、私がスパム戦争で攻撃に出るために、次に必要なステップを取ることを後押しするのではないかと考えている。次の一歩とは、経済的基盤を攻めることだ。もしスパム業者を本当に攻撃したいのなら、クレジットカードを処理する業者に、スパム業者のトランザクションを処理させない方法を見つけることだ。これは一定の種類のスパムの金銭コストを引き上げ、採算の取れないものにし、それらのスパムをインターネットから消すかもしれない。

 私は祈るだけだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化