「Visual Studio」「.NET」が目指すもの--マイクロソフト幹部に聞く

文:Adrian Bridgwater(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年11月27日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、先日開催されたProfessional Developer Conference(PDC)やTechEdの開発者イベントに刺激され、幹部に「Visual Studio 2010」「.NET Framework 4.0」が持つ革新的な特徴を説明させることに決定した。

 Microsoftは、アプリケーション開発プロセスをこれまでにない水準で分析できるようになるとして、次期バージョンのVisual Studioツールセット(開発コード名「Rosario」)を宣伝している。

 同社は、アプリケーションライフサイクル管理プロセスを普及させるために周到に準備された公約を掲げる一方、仮想化、クラウドコンピューティング、並行処理といった流れから生じるソフトウェア開発ニーズを満たすと同社が主張する、一連の製品強化にも取り組んでいる。

 来るべきツールに光を当てようと、Microsoft本社でVisual Studio担当ゼネラルマネージャーを務めるJason Zander氏と、同部門のグループ製品マネージャーであるMatt Carter氏がイギリスを訪問した。ZDNet UKは、ロンドンのヴィクトリアにあるMicrosoftのイギリス法人で2人に話を聞くことができた。

--新しいツールの中核となる技術提案は何ですか。また、新製品によって、日常的な開発作業はどのように簡素化されますか。

Carter氏:VS2010(Visual Studio 2010)では、コードの構造と機能の面で開発プロセスを理解することに重点が置かれています。また、ウェブアプリケーションの開発の簡素化にも取り組んでいます。私たちは、「Office」のユーザーインターフェースを利用する部門別のビジネスアプリケーションの開発を奨励し、「SharePoint」の開発をVisual Studioの開発に近づけることで、ユーザビリティを向上したいと考えています。

 また、C++の開発者がこれまでに作成してきた大量のC++コードをVisual Studio環境に持ってこられるよう、彼らを支援したいと考えています。Visual Studio 2010は、「Windows 7」ベースのネイティブアプリケーションの開発を簡素化するため、「Visual C++」に対して私たちが行ったさまざまな取り組みの証でもあり、マルチタッチユーザーインターフェースなど、Windows 7と互換性のある革新的な機能をサポートします。

--具体的に言うと、来るべきツールを.NET Framework 4.0に導入した場合、開発者は複雑化するアプリケーションをどのように適切に処理できるようになるのですか。

Zander氏:C#やVisual Basicのような言語を習得し、.NETのようなフレームワークとそれに対するプログラムを学び、Visual Studioとそれらを組み合わせると、これら3つものが一体となって、複雑なものでも、そうでないものでも、ターゲットにしたいさまざまなプラットフォームに向けた、一貫した環境を実現できるようになります。

 現在、すでに実現されていますが、.NET Framework 4.0が登場すれば、さらに一貫性が高まるでしょう。

--それほど早急にRosarioの統合要素が必要だとすれば、あなた方がよく話している、いわゆる開発サイロがそのレベルまで進んだのはなぜですか。間違いなく、この細分化はMicrosoftの既存のテクノロジの使用によって進んできたものです。

Zander氏:大企業では、社内での経営管理のニーズと同時に外部を向いた要素を持つ、重層的な開発が行われるため、ある程度のサイロは常に存在します。現在、目を向けなければならないのは、たとえば、調達部門が外部向けのウェブサービスを新たに構築し、ほかの部門とのつながりを強化する必要があるといった状況です。Microsoftが自社のツールで目指しているのは、これらのさまざまな部門のプログラミングをひとつにまとめ、1つの簡単なタスクにすることです。

--VS2010は「アーキテクトから開発者、プロジェクトマネージャー、テスターまで、アプリケーションのライフサイクル管理を普及(デモクラタイズ)させる」というのが、Microsoftのマーケティング担当者の持論ですが、このような発言の根拠はどこにあるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化